HOME > がんに関する情報 > 緩和ケア

緩和ケア

緩和ケアは、がんの治療の全過程を通して認められる身体や心のさまざまな苦痛を和らげ、患者さまやご家族にとって可能な限り良好な生活の質(Quality of Life)を実現していくことを目指します。「終末期医療」に限らず、病状のどの時期においても行われる医療です。がんを告知される瞬間から緩和ケアが始まるとも言われています。
私たち緩和ケアチームは、患者さまお一人お一人の苦痛を緩和しながら、ご自身らしく生きるためのお手伝いをしています。

チームのメンバーは内科医師、精神科医師、認定看護師、放射線治療科、ソーシャルワーカー、薬剤師、リハビリテーション科、管理栄養士などが協力し、随時情報交換しながら診療にあたっています。

緩和ケアチームの活動

主治医からの依頼を受けてから診療を開始します。
患者様やご家族と直接お会いして、症状の緩和や気がかりなことへの支援を主治医・病棟看護師とともに話し合いながら行っていきます。
また、複数の医療者が関わることに負担を感じられる場合には、主治医や病棟看護師を介して間接的な支援も行います。

緩和ケアチームに所属する各メンバーの役割

  • 痛みなどの様々なつらい症状を緩和する [医師・看護師・薬剤師]
  • 気分の落ち込み、不眠などの症状を緩和する [医師・看護師・薬剤師]
  • お薬の作用や副作用、飲み方などをわかりやすく説明する [薬剤師]
  • お食事の工夫や相談 [管理栄養士]
  • 日常生活の中で安全に動きやすい方法を提案する [理学療法士・作業療法士]
  • 上記以外のどんなことでも(例えば仕事のこと、お金のこと、家族のこと・・・) 誰に話したらよいかわからないようなことも含めてまずはご相談にのらせて頂 きます [ソーシャルワーカー]

当院に入院予定、あるいは入院中の患者さまやご家族で緩和ケアチームの診療をご希望される方は主治医や看護師に気軽にお声をおかけ下さい。