HOME > がんに関する情報 > セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来とは

「セカンドオピニオン外来」とは「主治医以外の医師の意見」を聞き、今後の治療に役立てていただくことが目的の外来です。現在治療されている医療機関の主治医の先生から十分説明を受けられることが大切なことですが、患者さまが十分納得して治療を受けるために、主治医以外の別の医師からも意見を聞いてみたいと思われた場合に、当院のがん薬物療法専門医等がそれを支援致します。

たとえば、“がんと診断され手術を勧められたが、他に治療法はないのだろうか?”とか、“自分のがんがどのような病気なのかもう少し詳しく専門医から話を聞きたい”とか、“現在治療を受けている病院で勧められている抗がん剤治療以外にもっと良い治療法はないのだろうか?”などの疑問に診察室での30分程度の面談でお答えするのが、がん治療のセカンドオピニオンです。

がん治療は発展途上にあり、治療の結果には個人差が大きく、効果があるかないかは治療を行ってみなければわからない、命に係わる副作用も時には起こりうるなど、不確実な要素が多いため、患者さま自身にご自分の病気について正しく理解していただき、ご自身でより納得できる治療方法を選択していただくことが、より良い治療のために大切だと考えています。セカンドオピニオンもぜひご活用下さい。

セカンドオピニオンは予約にて受け付けておりますので、あらかじめご予約の上、ご来院下さい。
現在の主治医の先生からの紹介状や血液検査結果、CT画像の記録されたCD-ROMやレントゲンフィルムなどの資料をご持参いただかなければ具体的な説明は困難で一般論的なお話しかできなくなってしまいますので、極力それらの資料をご持参いただきますようお願い致します。

相談をお受けできる方

現在、他の医療機関に受診されており、がんと診断された患者さま、またはそのご家族(ご家族だけの相談も可能です)。なお、セカンドオピニオン外来では相談のみを扱い、診療行為(検査・投薬・治療など)は行いません。相談の結果当院での治療を希望された場合には後日改めて治療を担当する診療科を受診していただくことになります。

また、以下の事柄については、相談を受け付けておりませんので、ご了承の程お願い致します。

  • 現在受診中の病院や主治医に対する苦情
  • 医療過誤及び訴訟を目的としたご相談
  • 診療費についてのご相談

化学療法のセカンドオピニオン外来について

当院におきましては、がん化学療法(抗がん剤治療)に関するセカンドオピニオンを受け付けております。胃がん・大腸がん・食道がん・膵臓がん・原発不明がんなどの消化器がんを中心に固形がんの治療方針に関して、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・日本消化器病学会専門医がご相談に応じています(完全予約制)。

対象の方
  • 別の医療機関でがんと診断され、主治医以外の専門医から治療方針に関する意見を聞いておきたい方。
  • 別の医療機関で勧められた抗がん剤治療の利点、欠点などに関して主治医以外の専門医から意見を聞きたい方。
  • 手術を受けるか、抗がん剤治療で様子をみるかなど、がんの治療方針に迷っておられる方。

その他、些細な事でも、がん治療に関することならなんでも相談に応じさせていただきます。

ご持参いただきたいもの

現在診療を受けておられる医療機関の紹介状、血液検査結果報告書、CT・MRI・PETなどの画像の記録されたCD-ROMやレントゲンフィルム、所見報告書などの資料をご持参下さい。
現在診療を受けておられる病院のデータがないと、病状に応じた具体的な説明をさせていただくことが難しくなりますので、一般的なお話しをさせていただくことになります。
より詳しく相談に応じさせていただくためにもできるだけ資料のご持参をお願いします。

放射線治療科のセカンドオピニオン外来について

当院におきましては、特に放射線治療について重きをおいたセカンドオピニオン外来も行っております。
完全予約制で30分枠または60分枠でお取りしています。

対象の方
  • 現在、別の施設で抗がん剤や放射線治療を受けていて、副作用が強くて困っておられる方。
  • 現在、放射線治療以外の治療法を行っているが、放射線治療を行う事ができないのだろ  うかと、疑問をお持ちの方。
  • 他の施設で放射線治療を勧められたが、どうも納得がいかないという方。
  • 手術にするか、放射線治療にするか、どちらか選びなさいと言われて、どうしたらいい  のか困ってしまっておられる方。
  • 過去に受けた放射線治療の後遺症と思われる症状で困っておられる方。
  • 粒子線治療、ガンマナイフ、トモセラピー、ノバリス、メタストロンなど、何か新しい  放射線治療の名前を聞くが、それが何かよくわからないし、自分はその治療に向いてい  るのかどうか、また、どこに行けばその治療が受けられるのか知りたいという方。

その他、些細な事でも相談に乗らせていただきます。

セカンドオピニオンを受けるには、必ず現在かかっておられる医療機関からの紹介状や血液検査結果、CT・MRI・PET/CT等の画像の記録されたCD-ROMやレントゲンフィルムなどの資料をご持参いただくことは通常のセカンドオピニオン外来と同様です。

セカンドオピニオン担当医師
 
午前       田村
化学療法
   
午後 廣田
放射線治療
         

セカンドオピニオン外来の受付・相談費用

受付時間

完全予約制となっております。

  • 平日 午前9時から午後5時
  •   
費用

自費負担となります。保険適用ではありませんのでご注意下さい。

  • 30分まで10,800円(税込み)、延長料金 30分毎に10,800円

尚、相談症例によっては以下の専門的判断が必要になりますのでご了承ください。

  • コンピューター画像診断料  2,000円(税込み)
予約方法
  • お電話にて、地域医療室(TEL:072-681-3801)へご連絡ください。
  • お電話にてお伺いした後、セカンドオピニオン外来のご案内、申込書、相談同意書の3点をお送りします。
  • 申込書と主治医の紹介状(診療情報提供書)を地域医療室あてに郵送にてお送りください。
  • 提出された申込書の内容を検討した後に、相談実施日時、担当医等をこちらからご連絡します。
送付先・ご連絡先

〒569-1192
大阪府高槻市古曽部町1-3-13
社会医療法人 愛仁会 高槻病院
地域医療室   TEL:072-681-3801(代表)   FAX:072-681-3831