愛仁会グループ

HOME > 後期研修

後期研修

後期研修

当院は、平成9年4月に当時の厚生省より臨床研修指定病院を認可されて以来、数多くの若い医師を社会に送りだしてきました。また、それ以前にも、いわゆるストレート研修医や、スーパーローテーション研修終了後の医師も多く受け入れてきました。いずれの医師も、当法人のモットーである「創意」、「貢献」、「協調」の精神と、当院の理念である「患者さまの満足する医療」の下で、研鑽を積み、患者中心の医療を実践し、総合的な臨床力を身につけ、研修修了後も当院のスッタフとして第一線の病院の職員として、あるいは大学病院の教官として、ばりばりと活躍しておられます。

公立病院を持たない大阪府北部の三島医療圏(高槻市、茨木市、摂津市、島本町)において、総合病院としてあらゆる疾病に対応する市民病院的な役割を果たし、また救急医療においても地域の基幹病院として、母胎、新生児から、高齢者に至るまで、24時間救急を受け入れております。更に、病診連携を推進し、開放型病院として地域に開かれた病院となっています。 このように地域住民、医師会、行政のエールを受け、地域医療支援病院として、広域の地域密着型の医療を展開しながら、各種学会の専門医養成施設としての認定も受けております。 H16年度より「新医師臨床研修制度」が開始され、それに続く平成18年からの「専攻医制度(後期研修)」制定を年々受けてよりすばらしい研修体制を整備しておりますので、これから後期研修を受けようとする方は是非、当院の門をたたいて下さい。

  • プログラム・教育内容
  • 処遇
  • 見学のお申し込み(プログラム)
  • 募集要項