2017年12月4日

五領小学校2年生の児童を対象に、助産師による出張教育「いのちの学習」を行いました。

内容は、受精から赤ちゃん誕生までの話、胎児心音の聴取、妊婦ジャケット装着、赤ちゃん人形

抱っこなどを行いました。

子供たちの反応は、質問も多く、自分から赤ちゃん人形を抱っこしたり、妊婦の大きなお腹を

触るという積極的な姿勢が見られました。

今回出張教育で子供たちに接し、助産師としていのちの大切さを実感できるような話や体験の

機会を作っていく必要があると感じました。