2016年8月5日

5月28日に整形外科主催であゆみ会が開催されました。あゆみ会は、両変形性膝関節症で人工膝関節全置換術(略:TKA)や人工膝関節部分置換術(略:UKA)の手術をされた方や今後手術を予定されている患者様の集いであり、当日は病棟看護師の車いす移送や案内などを行いました。高槻病院副院長兼整形外科医長の平中医師の講義のあと患者様からの体験発表がありました。発表では、自分自身の力で動けることの喜びや、仕事復帰や職に付くことができて第2の人生を楽しんでいるなどの声を直接聞くことができました。私たち看護師は、入院中も患者様の人生、ライフ・スタイルを維持・発展させるためのサポートをしていくことが重要であることを感じた会でもありました。今後も入院中だけでなく、患者様の地域での生活も配慮した支援ができるように看護していきたいと思います。