文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
Tel 072-681-3801 Fax 072-682-3834

診療実績&スタッフ紹介

スタッフ紹介

スタッフ
指導医 南 宏尚 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会評議員・同専門医
新生児蘇生講習会「専門」インストラクター
インフェクションコントロールドクター
専従医 武井 安津子 日本小児科学会専門医
内山 敬達 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
池上 等 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生講習会「専門」インストラクター
片山 義規 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生講習会「専門」インストラクター
四本 由郁 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生講習会「専門」インストラクター
臨床遺伝専門医
菊池 新 日本小児科学会専門医
新生児蘇生講習会「専門」インストラクター
国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)
榎本 真宏
(非常勤)
日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
高雄 礼 日本小児科学会専門医
新生児蘇生講習会「専門」プロバイダ
大西 聡 日本小児科学会専門医
長坂 美和子 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
郷間 環
田村 誠
専攻医

西田 明弘

 

研修システム

地域の新生児医療トレーニングセンタとして長年の実績があり、
当院で研修を積んだ医師は大阪府・兵庫県の中核病院で活躍しています。

周産期医療に関わる医師数の増加、臨床トレーニングによるレベルアップを当院の責務と考え、
卒後年数毎のおおよその目標を以下のように設定しています。

臨床トレーニングによるレベルアップ
3年目 指導医の指導の下、1500g以上の児の応急処置ができる
4年目 指導医の指導の下、1000g未満の児の応急処置ができる
5年目 新生児特有の病態を一通り経験し、理解している
6-8年目 入院児の診断治療を主導し、研修医を指導できる
9-12年目 NICU全体の状況を管理できる
臨床研究の実務者となる
13年目以降 NICUの臨床的指導者として全スタッフをポリシーをもって教育できる
臨床研究を主導できる

現在チームリーダーと研修医1-2名で4チームを形成し、つねに指導を受けながら研修を積んでおり、チーム間の意思統一は毎朝の回診などで行っています。

(実例)

チーム実例
臨床顧問 南 宏尚
15年目以上 池上 等L
10年目以上 榎本 真宏TL・片山 義規TL・菊池 新TL
6-9年目 武井 安津子・高雄 礼・郷間 環
3-5年目 上村 義季

(レベルA:当直見習い、B:指導下で当直中、C:ほとんど指導を必要としない、TL:チームリーダー、L:統括リーダー)

医師募集

NICU21床、GCU30床、MFICU6床を有する総合周産期センタ-で、大阪・京都・奈良の 各市街まで20km前後という交通の要衝に位置しているため、ハイリスク母体・未受診 妊婦などの依頼を広域に最大限受け容れる努力をしています。年間分娩数1600、新生児入院480-510、うちELBW40-50であり、新生児専従・専任スタッフ5人、 後期研修医3人で診療しています。「見てわからないものは検査してもわからない (判断できない)」を合言葉に、医師・看護師・助産師・ME全員参加の朝回診で一同心眼で診断すべく日々精進を続けております。

以上のような特徴を持つNICUですが、京阪神で研修先・職場を探しておられて、自分に 合いそうだと思われた方は是非下記までご連絡下さい。見学随時・交通費応談です。

なお後期研修・専門医研修・スタッフ常勤医何れも歓迎します。

連絡先
連絡先  

愛仁会高槻病院 総合周産期母子医療センター新生児部門 
小児科副院長 南 宏尚
住所 〒569-1192 高槻市古曽部町1-3-13 TEL 072-681-3801
E-mail: minami@ajk.takatsuki-hp.or.jp

公開周産期カンファレンスにて取り上げたテーマ

  • 超早産の母子管理
  • 産科における病診連携
  • 先天奇形のための治療開始に時間を要した家族との関わり
  • グループディスカッション
  • 周産期について
  • IUGRについて
  • 周産期の感染症
  • インフルエンザ
  • いわゆるカンガルー・ケアについて考える
  • 症例検討会ーご紹介いただいた患者様を中心にー
  • 周産期の看護活動と地域医療
  • 産科救急をともに学ぼう~ALSOデモンストレーション~

新生児蘇生講習会(NCRP)

周産期新生児医学会認定インストラクターを5人擁しており、定期的に院内で講習会を行っています

院外活動

  • 大阪府医師会新生児蘇生講習会(Bコース)
  • モンゴルにおける新生児蘇生講習会
  • 高槻市保健センター「にこにこ教室」講師
 このページの上部へ