医療法人愛仁会 高槻病院

虚血性心疾患

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)って何?

心臓は「冠動脈」という心臓の表面を走る2本の動脈によって養われています。この冠動脈に動脈硬化によって狭くなったり詰まったりすると、心臓に十分な血液がいかなくなります。これを「心筋虚血」と言い、胸痛が起こったり心臓のポンプ機能に障害が起こります。

運動や食後などに一時的に心臓に虚血となるのが「安定狭心症(労作性狭心症)」、胸痛発作の頻度が増えてきたり、安静時にも胸痛が起こるのが「不安定狭心症」、冠動脈が完全に詰まって心臓の筋肉が死んでしまうのが「心筋梗塞」です。

心筋梗塞によって起こる合併症

a.急性期の合併症

心機能低下:
心筋が虚血になるとポンプ機能が低下して心不全症状が現れます。
不整脈:
心室性不整脈、房室ブロックなどが起こり、ペースメーカーが必要になったり命にかかわるものもあります。
心破裂:
死んでしまった筋肉は非常に弱いために、心臓内の血圧に耐えられず破裂することがあります。
乳頭筋断裂・不全:
僧帽弁を支えている乳頭筋がちぎれたり、十分に機能しなくなると急激に僧帽弁逆流を起こします。
心室中隔穿孔:
左心室と右心室の間にある筋肉の膜が壊死して穴が開いた状態です。

b.慢性期の合併症

左室瘤:
心筋梗塞によって死んでしまった筋肉が風船のように膨らんだ状態です。心臓のポンプ機能が低下し、心臓内に血の固まり(血栓)ができたり、破裂する危険性があります。

手術について

冠動脈バイパス術(CABG)

冠動脈バイパス術は、詰まってしまった冠動脈の先に血液が流れるように狭いところには手をつけず、新しい道を作る手術です。
新しく道をつけるための材料として次のような血管が使われますが、これらの血管を取ってしまうことによる問題はほとんどないことがわかっています。最近では内胸動脈をはじめとする動脈グラフトに静脈グラフトを併用してを使用する事が一般的となっています。

  • •内胸動脈:胸骨の裏にある動脈
  • •大伏在静脈:足の静脈
  • •胃大網動脈:胃の周りの動脈
  • •橈骨動脈:腕の動脈

また冠動脈バイパス術は、今まで人工心肺を使用して心停止下に行われていましたが、最近人工心肺を使用しないで心臓を動かしたまま行う心拍動下手術も行われるようになってきました。人工心肺を使用する手術と比較して利点・欠点それぞれがあり、現在のところ当科では心拍動下手術が特に必要な患者さま(脳血管障害のある方、大動脈の内膜肥厚が強い方など)に行う方針としています。
詳しくは担当医師までおたずね頂ければと存じます。

心筋梗塞の合併症に対する手術

  • •僧帽弁逆流:僧帽弁の修復、人工弁置換
  • •心室中隔穿孔:穿孔部閉鎖、左室形成術
  • •左室瘤:瘤切除、左室形成術

ページの先頭に戻る

前のページに戻る