医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 診療科・部門案内>
  3. 心臓血管外科

診療科・部門案内心臓血管外科

当科の特色

心臓血管外科疾患(先天性・後天性心疾患。胸部・腹部大動脈瘤、末梢血管疾患、静脈疾患)全般を扱っています。
当科の特徴といたしましては弁膜症・大動脈・虚血性心疾患におきましては神戸大学心臓血管外科・明石医療センターの協力のもと、大動脈弁の自己弁温存手術、僧帽弁形成(MICS:小切開手術)、不整脈手術(メイズ手術)、大動脈ステント治療、冠動脈バイパス術(完全血行再建)等に力を入れています。
術前よりリハビリテーション科に介入していただき、早期退院・早期社会復帰を実現する努力もしています。
手術は患者さまの術後のQOLを第一に考えながら慎重な術式の選択に心がけています。
末梢血管外科では関係各診療科と協力しながら集学的治療を行っています。
下肢静脈瘤につきましては手術を希望される患者さまにつきましては1泊2日入院を基本に、手術を希望されない患者さまにおきましても弾性ストッキングによる理学的療法等をご指導させていただいています。

扱う疾患

心臓血管外科では大きく分けると、心臓疾患・大血管(胸~腹部の動脈)疾患・末梢血管(手足の動脈)疾患・静脈疾患を扱いますが、以下に順を追って説明致します。

Ⅰ.心臓疾患

心臓疾患のなかで扱う主なものは、冠動脈疾患と弁膜症ですが、最近は冠動脈疾患が増えています。

1) 冠動脈疾患

狭心症や心筋梗塞などで、いずれも冠動脈という心臓の筋肉を養っている血管が狭くなったり、つまったりすることによって起こります。これらの病気は、まず内科(特に循環器専門医)を受診されて精密検査を受けることになります。そして、お薬による治療がはじまり、場合によっては経皮的冠動脈拡張術(風船療法)などが行われますが、冠動脈の状態によっては心臓血管外科の出番となります。外科的な治療は冠動脈バイパス術といって、その名の通り狭くなった血管の先にバイパスという新たな道をつくる手術です。バイパスとして使用する血管は、内胸動脈などの動脈を使うことが多く、必要に応じて足の静脈も使用します。
またこの手術は通常人工心肺という装置を使い心臓を停止させて行いますが、最近ではこの装置を使わずに心臓を動かしたまま行う手術もできるようになってきました。

冠動脈疾患について詳しく見る

2) 弁膜疾患

心臓には4つの部屋がありますが、血液の流れが一方通行になるように4つの心臓弁があります。そしてそれぞれの弁について、弁が狭くなって流れが悪くなる狭窄症と、きちんと閉じなくて逆流が起こる閉鎖不全症があります。臨床的に主に問題となるのは、左心室の入り口と出口に当たる僧帽弁と大動脈弁という弁の病気です。以前はリウマチ熱という病気の後遺症である、僧帽弁狭窄症が多かったのですが、最近では弁組織の変性に伴う僧帽弁・大動脈弁閉鎖不全症や、動脈硬化に伴う大動脈弁狭窄症の割合が増えています。
また手術方法についても進歩してきました。以前は人工弁置換術が主でしたが、特に僧帽弁閉鎖不全症に対しては自分の弁を修繕する弁形成術が行われるようになり、自覚症状の軽い時期からの手術が推奨されるようになってきました。
また当科では心臓弁膜症によく合併する心房細動という不整脈についてもメイズ手術という外科的治療を行い成果を上げています。

弁膜疾患について詳しく見る

Ⅱ.大血管疾患

1) 大動脈瘤

大動脈が瘤(こぶ)の様にふくれる疾患で、原因の主なものは動脈硬化です。この疾患は無症状ですが、大きくなると破裂し、いったん破裂すれば半数以上の方が亡くなられるという怖い病気です。胸部・腹部のいずれにしても他の病気の検査中にたまたま見つかることが多いと思われます。治療方法は手術(人工血管置換術)で破裂を予防しますが、実際には動脈瘤の大きさ・形態・部位・全身状態などを考えて手術するかどうか決めています。また、腹部大動脈瘤に対してはステントグラフト内挿術(EVAR)も行っています。

大動脈瘤について詳しく見る

2) 大動脈解離

大動脈の壁は、内膜・中膜・外膜という3層構造になっていますが、そのうちの内膜から中膜にかけて裂けてしまう病気です。裂けている大動脈の場所によっては、突然死や急性心不全など様々な症状を起こし、緊急手術が必要となります。症状としては突発的に胸〜背中の激烈な痛みが起こり、心筋梗塞と似ています。

大動脈解離について詳しく見る

Ⅲ.末梢血管疾患

1) 慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)

下肢や上肢の血管が細くなったりつまったりして起こります。症状としては、冷たく感じる、足や腕が疲れやすいがじっとしているとよくなるなどですが、重症化するとじっとしていても痛みが生じ、放置すると壊死となり切断するしかなくなります。病気が確定すれば、お薬による治療を行い、場合によっては風船で血管を広げたり、バイパス手術を行いますが、適切な時期に適切な治療を開始することが大切です。またこの疾患による症状は、整形外科を受診される患者さまも多くおられますが、心配な方は一度当科も受診して下さい。

慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)について詳しく見る

Ⅳ.静脈疾患

ここではもっともありふれた下肢静脈瘤についてお話しします。

1) 下肢静脈瘤

下肢や上肢の血管が細くなったりつまったりして起こります。症状としては、冷たく感じる、足や腕が疲れやすいがじっとしているとよくなるなどですが、重症化するとじっとしていても痛みが生じ、放置すると壊死となり切断するしかなくなります。
病気が確定すれば、お薬による治療を行い、場合によっては風船で血管を広げたり、バイパス手術を行いますが、適切な時期に適切な治療を開始することが大切です。
またこの疾患による症状は、整形外科を受診される患者さまも多くおられますが、心配な方は一度当科も受診して下さい。

下肢静脈瘤について詳しく見る

Ⅴ.こんな症状は一度心臓血管外科受診もお考え下さい。

急に激烈な胸痛あるいは腹痛がおこったら

•狭心症、心筋梗塞の疑いはないでしょうか?
→ まず当院循環器科にご相談下さい。状態により手術が必要になることもあります。
虚血性心疾患説明
•胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤の破裂は?
→ ショック状態となり、直ちに手術を行わないと救命できません。
胸部及び腹部大動脈瘤説明
•急性大動脈解離は?
→ 病状によっては緊急手術が必要です。
大動脈解離説明説明

息苦しい(呼吸困難)、まっすぐに横になれない、動悸がする

•心不全の症状ではないですか?
→ まず当院循環器科にご相談下さい。状態により手術が必要になることもあります。
虚血性心疾患説明
弁膜症説明

歩くと足が痛い、足が冷たい、足の傷がなかなか治らない

•動脈がつまった症状ではないでしょうか?
→ 整形外科を治療しているがよくならないという方もおられます。その中には動脈閉塞による症状が隠れているかも。
•傷がなかなか治らないのは、血管が詰まっているからかもしれません。
閉塞性動脈硬化症説明

足がだるい、むくむ、血管がういている

•下肢静脈瘤ではないでしょうか?
→ 簡単な外来手術で治療が可能です。
下肢静脈瘤説明

Ⅵ.最後に

下肢静脈瘤をのぞくと、いずれの病気もまず内科や整形外科などの他の診療科を受診されることが多いと思います。特に心臓疾患の治療については循環器内科との共同作業であるという面もあります。ともかく当科で扱う病気について少しでも理解していただき、気になることがあればいつでもご相談下さい。

検査

血管エコー(Diplex)

•深部静脈血栓症や静脈瘤の検査

•動脈閉塞の検査

四肢の血圧測定(Form™)

•動脈のつまり具合や動脈硬化の程度を判定します。

CT及びCT‐アンギオ

•マルチスライスCTで動脈瘤の状態及び血管のつまり具合を調べます。

MRI及びMR‐アンギオ

•放射線を用いない検査方法で、一部の血管疾患には有用です。

その他:心エコー、心臓カテーテル検査など

•おおむね循環器科と共同して診断・治療を行なっています。

治療方法

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

•冠動脈バイパス術(CABG)

•心筋梗塞合併症に対する手術

虚血性心疾患

後天性弁膜症、不整脈

•人工弁置換術

•僧帽弁形成術:僧帽弁閉鎖不全症には積極的に弁形成術を行なっています。

•メイズ手術:弁膜症に合併する心房細動についてはメイズ手術もあわせて行なっています。

弁膜症

大血管疾患

•腹部大動脈瘤:腹部小切開による人工血管置換術に加え、ステントグラフト内挿術(EVAR)に取り組んでいます。

•胸部大動脈瘤

•急性大動脈解離

胸部及び腹部大動脈瘤説明

大動脈解離説明

ステントグラフト内挿術

末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症)

•血管内治療(カテーテルインターベンション):あらゆる血管領域について血管内治療(経皮的血管拡張術、ステント)を積極的に行なっており、年々増加傾向です。透析患者さまの内シャントに対する血管内治療も行なっています。

•血行再建術:必要な患者さまには人工血管や自家静脈を用いたバイパス手術も行ないます。

閉塞性動脈硬化症

静脈疾患

•下肢静脈瘤:静脈瘤の状態に応じて静脈瘤抜去切除術(ストリッピング手術)、静脈結紮療法(高位結紮術)静脈瘤硬化療法を選択して行います。

下肢静脈瘤説明

患者さまへ

患者さまへ(PDF)

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、後天性弁膜症、大血管疾患(胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤)、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症)、下肢静脈瘤などの診療を行ないます。

診療体制

診療日

 
午前 常深
(心臓血管外科)
(完全予約)

(心臓血管外科)
(完全予約)
午後 静脈瘤外来
(心臓血管外科)
(完全予約)
大北
(心臓血管外科)
(完全予約)

(心臓血管外科)
(完全予約)

変更の場合もございますので、初診の方はあらかじめお問い合わせ下さい。ただし、この他に救急診療にも可能な限り応じますので、お問い合わせ下さい。

手術日など

心臓・大血管手術 火曜日
大血管・末梢血管手術 木曜日
血管内治療(カテーテルインターベンション) 木曜日、金曜日

スタッフ

医師名 職名 資格
大北 裕 心臓・大血管センター長 【所属学会】
日本胸部外科学会 理事長
日本外科学会 指導医,代議員
日本循環器学会 専門医,評議員
日本脈管学会 特別会員
日本血管外科学会 名誉会員
日本心臓血管外科学会 特別会員
日本心臓血管外科専門医認定機構 委員
日本冠動脈外科学会 評議員
日本心臓血管外科手術データベース機構 委員

The Society of Thoracic Surgeon: Member (1996-)
The European Association for Cardio - Thoracic Surgery: Member (1996-)
The International Society of Cardiovascular Surgery: Member (1994-)
American Heart Association Fellow in the Council in Cardiovascular Surgery (2002-)
American Association for Thoracic Surgery: Member (1999-)
Asian Society for Cardio-Thoracic Surgery: Council (2011-)

【客員教授、非常勤】
1995年4月 岡山大学医学部心臓血管外科教室非常勤講師
2000年4月 滋賀医科大学第二外科学教室非常勤講師
2000年10月 ポーランド,シレジア ハートセンター客員教授
2001年4月 京都大学心臓血管外科学教室非常勤講師
2001年5月 米国ハーバード大学客員教授
2002年4月 島根医科大学第一外科学教室非常勤講師
2002年9月 韓国高麗大学胸部外科客員教授
2005年9月 富山医科薬科大学第1外科非常勤講師
2014年5月 米国コロンビア大学客員教授
2016年4月 慶応大学心臓外科非常勤講師

【診療日】
水曜日 午後
岡医師 岡 隆紀 副院長 心臓血管外科専門医(心臓血管外科専門医認定機構)
日本外科学会指導医・認定医
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会外科専門医

【学会活動】
ヨーロッパ胸部外科学会正会員
日本救急医学会
日本集中治療学会
日本循環器学会

【診療日】
水曜日 午前 9時~12時
金曜日 午後 14時~16時
常深 孝太郎 部長 心臓血管外科専門医(心臓血管外科専門医認定機構・修練指導者)
日本外科学会外科専門医
日本外科学会指導医・認定医
日本心臓リハビリテーション学会指導士
日本脈管学会専門医
日本血管外科学会血管内治療医
腹部ステントグラフト実施医・指導医
胸部ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医

【診療日】
月曜日 午前
川端 良 専攻医  

治療実績

< 2016~2017年度 手術実績内訳 >
項目 2016年度 2017年度
心臓 弁膜疾患 22 24
冠動脈疾患 19 25
先天性疾患 5 4
心膜切開術 2 1
項目 2016年度 2017年度
胸部大動脈 16 12
項目 2016年度 2017年度
腹部大動脈 ステントグラフト 5 10
人工血管置換 8 6
項目 2016年度 2017年度
末梢血管 163 133
下肢静脈瘤 70 61
シャント関連 52 56
その他 34 51

ページの先頭に戻る

前のページに戻る