医療法人愛仁会 高槻病院

診療体制

診療日

 
午前 中島
(初診)
受付11:00まで
澤井
長谷川
(初診)
受付11:00まで
大須賀
中島
(初診)
受付11:00まで
谷本
大須賀
(初診)
受付11:00まで
池内
長谷川
(初診)
受付11:00まで
角山
午後 小川
中島
長谷川 澤井
中島
大須賀 長谷川

受診方法

※内科外来の月曜から金曜の午前中は初診患者さま以外完全予約制です。 また、午後の診察は完全予約制となります。
緊急性の無い場合(救急搬送)当日来院されても受診いただけません。
診察希望の方は前日までに診察予約を行って下さい。

事前に予約をされていない患者さまの内科受付終了時間は
午前診・・・11時00分となっています。
ただし救急患者さま、紹介患者さまに関してはこの限りではございません。
皆様のご理解・ご協力をお願い致します。

特定健診・市民健診についてのお知らせ

特定健診、市民健診(肺癌健診・大腸癌健診・胃癌健診・肝炎健診) は完全予約制となります。
内科受付窓口、もしくは電話にてお問い合わせ下さい。
ご不明な点などございましたら、内科受付にてお伺い致します。

スタッフ

医師名 職名 資格
中島医師中島 卓利 副院長 日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
長谷川 和範 長谷川 和範 部長 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定内科医・研修指導医
大須賀 達也 大須賀 達也 部長 日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・研修指導医
角山 沙織 医長 日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓病学会専門医
日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・研修指導医
澤井 寛明 医長  
小川 浩史 医長 日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
谷本 直紀 医員 日本内科学会認定内科医
權田 真知 医員 日本内科学会認定内科医
池内 愛実 医員 日本内科学会認定内科医
石田 亮介 専攻医  

学会認定

  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本肝臓学会認定施設
  • 日本内科学会教育病院

治療実績

< 2016年度・2017年度 実績内訳 >
内視鏡検査件数 2016年度 2017年度
総数
(うち治療)
6,663
(1,287)
6,496
(1,452)
上部内視鏡
(うち治療)
3,727
(229)
3,602
(267)
下部内視鏡
(うち治療)
2,633
(808)
2,620
(933)
内視鏡的逆行性胆管膵管造影関連(ERCP)
(うち治療)
303
(250)
274
(252)
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 27 67
超音波内視鏡
(うちEUS-FNA)
217
(29)
146
(27)

消化器の検査ご希望の方へ

当院での内視鏡検査(胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査)をご希望される方は下記の方法で検査を受けることが出来ます。検査には当院の医師や専門職が付きますので、ご安心してご利用いただけます。
ただし、大腸内視鏡検査につきましては現時点では下記1の御予約での対応は致しておりませんので、御了承下さい。(下記1, 2での大腸内視鏡検査予約は可能です。)
ご不明な点がございましたら、「内科外来」担当までお問い合わせ下さい。
電話 072-681-3801(代表)内線3201

検査予約方法

  1. かかりつけ医をお持ちの方はオープン検査での予約受付可能
    ※オープン検査:病院の検査機器を診療所の先生が自院の検査室のように使用していただけるシステムで、当院へは検査当日に受診していただくこととなります。
  2. 当院内科初診外来を受診し、診察の上、後日の検査予約(緊急例は即日での対応可)

消化器内科ってどんなところ?

どんな症状のときに受診したらいいの?

消化器内科は主におなかの病気、すなわち消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆道、膵臓の病気の診断・治療を行っています。このような臓器に異常が起きると、さまざまな症状がでます。お腹が張る、胸焼け、腹痛、下痢、はきけ、食欲の低下、体重減少などから、黄疸(からだが黄色くなる)、吐血(血を吐く)、下血(黒い便がでる・便に血が混じる)などの重症のものまであります。このような症状が気になる方はぜひ当科を受診して下さい。

*かかりつけ医をおもちの方は、くすり手帳などを持参いただければ幸いです。

診療内容は?

当院は平成17年12月に地域支援病院の指定を受けたことをふまえ、高槻三島地区の急性期疾患の中核的病院としてすべての消化器の病気に対して24時間体制で放射線科、外科との緊密な連携のもとに、マルチスライスCT、MRI、内視鏡、超音波検査などを駆使して高度医療を提供しています。とくに癌治療には力を入れており、早期胃がん、大腸がんに対する内視鏡治療(ESD、EMR)に早期より取り組んでいます。進行癌に対しては十分なインフォームドコンセント(医療を受ける側に立った説明と同意)を重視するとともに、最先端の化学療法、放射線治療を実施していますが、生活の質を重視し外来での化学療法実施が中心となっています。C型肝炎、肝硬変、肝臓がんに対するインターフェロン療法、血管塞栓術、ラジオ波凝固療法や、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する白血球(顆粒球)除去療法、抗TNFα抗体療法などの治療も積極的に行い、患者さまのお役に立てるようスタッフ全員で協力し診療しています。

消化器内科の疾患は?

消化管の癌(食道癌、胃癌、大腸癌)

消化管の癌(食道癌、胃癌、大腸癌など)は、進行癌になってくるとなんらかの自他覚症状が出現することが多く、内視鏡検査で容易に病変を見つけることが出来ます。しかし早期癌は自覚症状がほとんどなく、発見が難しいものも多く見られます。当院ではNBI(Narrow Band Imaging)という特殊光モードへの変換機能をもつ最新の内視鏡機器をそろえ、通常観察では見つけにくい早期癌の発見に力を注ぎます。そして内視鏡治療の適応となる早期癌(食道、胃、大腸)に対しては確実な内視鏡切除を行います。

食道、胃病変の内視鏡手術(内視鏡的粘膜切除術 EMR、内視鏡的粘膜下層剥離術 ESD)は入院が必要です(約7~10日間)。

大腸病変は日帰り切除が可能なものと入院(1泊)を要するものと両方があります。当院では、NBIや拡大機能を有する最新の内視鏡を有しており、大腸ポリープの表面構造(ピットパターン)を詳しく観察し、腫瘍か非腫瘍か、良性か悪性か、早期癌の深達度(根の深さ)といったことを、生検(組織の一部を採取して、病理検査に出すこと)することなしに判断することが出来ます。これにより大腸ポリープなどの病変を見つけた場合、その場で内視鏡診断を下し、経過観察でよいか、もしくは切除が必要かを判断します。また内視鏡用炭酸ガス送気装置を全例で使用しており、苦痛の少ない大腸内視鏡検査が可能となりました。

*抗凝固剤や抗血小板剤(血液をさらさらにする薬)を服用している方は、内視鏡検査の5~7日前から休薬していただくことがあります。

逆流性食道炎

我が国では以前より、逆流性食道炎を含めた胃食道逆流症(gastro-esophageal reflux disease;GERD)患者の頻度は欧米に比して少ないことが知られていました。かつては主に欧米でよく見られた病気でしたが、近年は日本でも増加の傾向にあります。日本での逆流性食道炎の増加の理由としては、食事スタイルの欧米化、社会全体の高齢化などがあるとされています。

逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃液や胃の内容物などが食道に逆流することにより、食道の粘膜に炎症が起こる病気です。胃液には、胃酸という食物を消化するための強い酸が含まれています。食道の粘膜は、胃の粘膜とは異なり胃酸の消化力を防ぐ機能を持たないので、胃酸が食道に逆流すると粘膜の炎症が起きます。逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすことにより起きますが、胃酸が逆流する原因は様々です。

最初にあげられる原因は、胃酸の過剰分泌です。欧米化した食生活、すなわち肉や油っこいものなど脂肪分が多い食品を日常的に摂取するような食生活を送っていると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増加し、また胃酸の逆流が起きやすくなります。それと同様に、食物の過剰摂取も胃の活動を活発にし、胃酸の過剰分泌を招きます。

次の原因としては、下部食道括約筋の機能の低下があげられます。下部食道括約筋とは、食道と胃のつなぎ目にあり、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉です。この下部食道括約筋が、老化や胃の手術などによりその機能が低下してしまうと、胃酸の逆流が防げなくなります。逆流性食道炎の患者に高齢者が多いのはこのためです。

さらに、腹圧の上昇も逆流性食道炎の原因として考えられます。具体的には、肥満やベルトなどによる腹部の締め付けや、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇し、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。

またGERD患者の半数以上が、胸焼けなどの逆流症状を有するも内視鏡検査で下部食道に粘膜障害を認めない非びらん性胃食道逆流症(non-erosive reflux disease;NERD)であることが明らかになっています。

症状

  1. 胸やけ(胸に熱いものがこみあげてくるような感じがする)
  2. 嚥下障害(のどがつまり、食物を飲み下すことが困難になる)
  3. 呑酸(どんさん;すっぱいものや苦いものが口まであがってくる)
  4. せき(激しく咳込んでしまう)
  5. 胸痛(胸部にしめつけられるような痛みを感じる)

以上のような症状がある方は、一度内視鏡検査(胃カメラ)を受けて頂く事をお勧めします。
逆流性食道炎に関する問診表もございますので、参考にして下さい。
当院では、胃食道逆流症に関する専門外来も開設しています。治療は胃酸分泌を抑制するお薬や、胃の運動を亢進させるお薬、漢方薬などを投与しますが、食事や生活習慣の改善でも症状は改善することが知られています。栄養指導なども行っています。

Fスケール問診表  FSSG(Frequency Scale for the Symptoms of GERD)

※あなたは以下にあげる症状がありますか?
ありましたら、その程度を記入欄の数字(スケール)に○を付けてお答え下さい。

質問 記入欄
ない まれに 時々 しばしば いつも
1 胸やけがしますか? 0 1 2 3 4
2 おなかがはることがありますか? 0 1 2 3 4
3 食事をした後に胃が重苦しい
(もたれる)ことがありますか?
0 1 2 3 4
4 思わず手のひらで胸を
こすってしまうことがありますか?
0 1 2 3 4
5 食べたあと気持ちが
悪くなることがありますか?
0 1 2 3 4
6 食後に胸やけがおこりますか? 0 1 2 3 4
7 喉(のど)の違和感
(ピリピリなど)がありますか?
0 1 2 3 4
8 食事の途中で満腹に
なってしまいます。か?
0 1 2 3 4
9 ものを飲み込むと、
つかえることがありますか?
0 1 2 3 4
10 苦い水(胃酸)があがって
くることがありますか?
0 1 2 3 4
11 ゲップがよく出ますか? 0 1 2 3 4
12 前かがみをすると胸やけがしますか? 0 1 2 3 4
その他、何か気になる症状があれば
ご遠慮なくご記入下さい。
 
合計点数          
総合計点数  

参考文献

  1. Kusano, M., Shimoyama, Y., Kawamura, O., et al.: Development and evaluation of FSSG: frequency scale for the symptoms of GERD. J. Gastroenterol., 39, 888~891(2004)
  2. 草野元康、下山康之、杉本さやから:GERDに対する新しい問診票FSSG(Frequency Scale for the Symptoms of GERD通称:Fスケール)の開発と評価、臨牀と研究、82、175~178(2005)

肝臓の疾患

大切なことを「肝腎」というように、肝臓は食物中の糖、脂肪、たんぱく質を分解して、体にとって必要な物質(ブドウ糖、各種たんぱく質、ビタミンなど)に作りかえ、エネルギー源を供給したり、皮下脂肪としてたくわえる、さらにはアルコールや薬物・化学物質などを分解したり解毒する、といった重要なはたらきをしています。

肝臓は沈黙の臓器といわれるほど余力に富んでいて、少々の病気では異常に気づかないくらい、頑丈にできています。いいかえれば病気があっても自覚症状が出にくいと言えます。肝臓はひとたびその余力を超えて傷ついてしまうと、多くの場合、長期の療養が必要となります。

1.ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎の原因としてもっとも多いのはC型肝炎ウイルス(HCV)です。その次にB型肝炎であり、次いでA型、E型、G型 D型肝炎です。A型E型肝炎は食べものや飲み物を介して感染しますが慢性肝炎には移行しません。B型やC型、D型、G型は感染している人の体の中にいるウイルスが血液を介して感染します。

C型肝疾患の場合、感染を起こし慢性化すると肝障害の状態を示すALT(GPT)値が正常でも肝炎が進行し線維化している可能性があります。ALTが正常であっても肝臓の線維化が進行したり、肝がんが出現してくる可能性がわかってきました。線維化は、肝臓の細胞がウイルスによって壊され、それが異常な状態で修復された結果起きるもので、肝炎の進行度合いを示しています。これは肝生検をすることで調べることが出来ます(2泊3日の入院)。線維化は、F0(線維化なし)、F1(軽度線維化)、F2(中等度線維化)、F3(前肝硬変)、F4(肝硬変)の5段階で分類されます。F1からF4のどの段階でも発がんする可能性はあります。特に血小板が15万以下、ALT(GPT)値が31 IU/ml以上の方は消化器内科受診しご相談下さい。

  • 抗ウイルス治療(DAA)

    ・ソバルディ ・ハーボニー ・エレルサ ・グラジナ ・マヴィレット など

  • インターフェロン治療
  • BCAA(分岐鎖アミノ酸)投与 リーバクト
  • 肝庇護薬 強力ネオミノファーゲンC

B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎はキャリア(持続感染者)と呼ばれる人がなります。キャリアとは、乳幼児の頃にB型肝炎ウイルスに感染し、そのままウイルスを持ち続けている人のことをさします。ただ最近は性交渉や入れ墨、覚せい剤の回し打ち、ピアスの穴開け、医療事故などでの感染が増加しています。慢性肝炎になると肝硬変、肝がんに進むこともあります。無症候性キャリアの場合も、まれに肝硬変や肝がんを発症することがあります。症状がない場合がほとんどであり、必ず検査(血液検査、超音波検査等)を受けて下さい。

  • 抗ウイルス剤 バラクルード ラミブジン ヘプセラ テレゼット ベムリディー
  • インターフェロン

2.アルコール性肝炎

脂肪肝から肝硬変まで幅があるが習慣性飲酒(5年以上の長期にわたる飲酒)により発生します。肝臓だけでなく、膵臓、食道、胃、十二指腸、脳、神経、心臓、血液などの臓器、および発がん、高血圧、痛風、易感染性(感染しやすい)など全身に身体障害が及びます。わが国のアルコール依存者は200万人を超えるとも試算されています。治療は当然断酒が一番の治療法であり、薬物療法は補助的なものです。肝硬変へ進展し断酒ができなければ、5年生存率35%以下と予後不良です。ただ断酒により85%以上に改善します。

3.非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

お酒を飲まないのに、肝臓がアルコール性肝炎と同じように炎症を起こした状態になる病気があることがわかってきました。この病気をNASH(nonalcoholic steatohepatitis)・非アルコール性脂肪性肝炎といいます。NASHを放置すると、肝臓の線維化が進み、10年後には1~2割の人が肝硬変になるといわれています。さらにその一部が肝がんに進行します。NASHの特徴は脂肪が肝細胞の中に過剰にたまる「脂肪肝」がもとになって起こることです。わが国では、成人の3~4人に1人が脂肪肝といわれ、その数は約2000万人と推測されています。そして、そのうちの70~80万人がNASHであると考えられています。診断には肝生検が必要です。(2泊3日入院)治療はまず生活改善が必要です。高血圧、糖尿病、脂質異常症(コレステロール、中性脂肪など)がある場合は治療が必要です。

4.肝硬変

肝硬変の原因は、肝炎ウイルスが約80%を占め、特にC型肝炎が約65%と最も多くを占めています。肝硬変が進行すると浮腫(むくみ)、黄疸、出血傾向(血が止まりにくい)腹水、全身倦怠感、茶褐色の尿がでる、こむら返り、クモ状血管腫(首や胸、肩などにクモのような形で血管が浮き出る)、食道胃静脈瘤、肝性脳症(昼夜逆転、日時や場所がわからない、異常行動、昏睡)、糖尿病、痔、胃炎、潰瘍ができることあります。肝硬変から肝がんになる可能性が十分あるため肝硬変の原因である肝炎ウイルスに対する治療(インターフェロン、抗ウイルス剤)を行う必要がある場合があります。低栄養状態を改善、発がんを抑制する目的でBCAA(分岐鎖アミノ酸)製剤であるリーバクトを利用したり、就寝前軽食(レイト・イブニング・スナック)を導入したりします。肝硬変合併症の治療としては食道静脈瘤に対しては内視鏡的硬化療法(EIS)、内視鏡的結紮療法(EVL)、バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)を行い、腹水治療としては利尿剤、腹水濾過濃縮再静注治療を行います。肝性脳症の原因となるアンモニアは、食事からとったたんぱく質が腸内で消化されるときに、腸内細菌によって産生されます。そこで、腸内細菌の活動を妨げてアンモニアの産生を抑えたり、アンモニアを体外へ排出させたりするために、排便を促すラクツロースなどの薬を使います。たんぱく質の摂取量を減らす食事制限も行います。しかしたんぱく質を極端に減らすと低たんぱく血症になり、腹水が起こりやすくなります。そのため、食事からのたんぱく質の摂取を減らす一方で、BCAA製剤(ヘパンED)で必須アミノ酸を体内に取り入れます。

5.肝がん

肝がんによる死亡者数は増え続けており、厚生労働省の調査によると、日本では1年間に約3万5000人が亡くなっています。肝がんには肝臓から発生した「原発性肝がん」とほかの臓器のがんから転移した「転移性肝がん」があります。わが国では原発性肝がんのほとんどが肝炎ウイルスをもとに起こっているという特徴があります。約72%がC型肝炎ウイルスに感染している人からの発症です。B型肝炎ウイルスに感染している人からの発症もあわせると、全体の90%を占めます。通常、肝がんは慢性肝炎から肝硬変を経て発症します。しかし最近は、肝硬変を経ずに、慢性肝炎から肝がんが発生するケースも増えています。肝がん自体による自覚症状は、ほとんどありません。また脂肪肝をもとにして起こる「NASH」、お酒を多く飲む人にも発がんする可能性があります。
当院の治療としては以下のものがあります。

外科的肝切
がんとその周囲を含めて区域単位で切り取る
肝動脈塞栓術
肝がんは、肝動脈から栄養を受けとって、大きくなります。その肝動脈を塞いで、がんを「兵糧攻め」にして壊死させる方法です。約1週間の入院
ラジオ波焼灼療法(RFA)
超音波エコーやCTなどで位置を確認しながらAMラジオの波長より、やや長い波長の高周波を当てて、がんを焼灼します。約1週間の入院
エタノール注入療法
超音波エコーで位置を確認しながら純度100%のエタノールを注入し、がんを壊死させます。約1週間の入院
化学療法
肝動脈にカテーテルを送り込んで、がんに抗がん剤を注入する動注化学療法を行います。またネクサバールという内服の抗がん剤治療があります。

胆嚢、胆管の疾患

肝臓は生体内の老廃物や有害物質を代謝・解毒し、胆汁として体外に排出する機能を 持っています。日常の役割を済ませたり余ったりしたコレステーロールや古くなった色素(ヘモグロビン)から生成されるビリルビンなどが主要な成分となり、肝臓から合成する胆汁酸とともに水分と溶け合って胆汁になります。

胆石症

胆石とは、胆汁の排泄路である胆管や胆嚢のなかで胆汁成分が固形化してできるものです。その場所が胆嚢内、胆管内など、できる場所で肝内結石、総胆管結石、胆嚢結石と呼ばれます。腹痛、黄疸、発熱を伴うことがあります。

総胆管結石
総胆管結石は胆管炎、急性膵炎を起こすリスクがあり内視鏡的結石除去(ERCP、EST)が必要です。
胆嚢結石
特に胆嚢に炎症を起こした場合は手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)が必要であり、一旦、経皮経肝的胆嚢ドレナージ(PTGBA、PTGBD)が必要なことあります。
肝内結石
胆管炎を繰り返す場合、内視鏡的胆石除去(ERCP)、胆道鏡にて結石除去、場合により手術が必要な場合もあります。
胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋症
サイズ、形態により手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)が必要なことがあります。
胆管がん、胆管細胞がん、胆嚢がん
CT、MRI、内視鏡検査(ERCP)などを行い治療方針(手術、抗がん剤、放射線療法)を行います。黄疸がある場合は内視鏡的胆管ステント留置(ENBD、EBD)、経皮的胆管ドレナージ術(PTCD)の必要性があります。

膵臓の疾患

膵臓はインスリンなどのホルモンを分泌する機能と膵液といった消化酵素を分泌する機能があります。

急性膵炎
胆石症、アルコール多飲による原因がほとんどを占めます。治療としては原因の除去として内視鏡的胆石砕石術(ERCP、EST、EPBD)、アルコール断酒を行います。重症な場合は血漿交換(CHDF)、動注療法、経腸栄養等必要な場合があります。
膵がん
CT、MRI、内視鏡検査(ERCP)などの検査を行い、手術、抗がん剤、放射線治療など適切な治療を行っていきます。黄疸がある場合は内視鏡的胆管ステント留置(ENBD、EBD)、経皮的胆管ドレナージ術(PTCD)の必要性があります。

ページの先頭に戻る

前のページに戻る