医療法人愛仁会 高槻病院

診療体制

診療日

 
午前 担当医(初診) 担当医(初診) 担当医(初診)

スタッフ

医師名 職名 資格
筒泉医師 筒泉 貴彦 主任部長 日本内科学会総合内科専門医
臨床研修指導医
米国内科専門医
米国内科学会上級委員(Fellow of the American College of Physicians)
濱田 治 医員 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
臨床研修指導医
笹木 晋 医員 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本救急医学会救急科専門医
神野 定夫 非常勤 日本内科学会認定内科医
米国内科専門医
米国感染症内科専門医
米国リウマチ膠原病内科専門医
米国関節エコー専門医
平山 沙織 医員 日本内科学会総合内科専門医
三木 綾子 医員 日本内科学会総合内科専門医
伊佐敷 頌太 専攻医  
丹羽 諒太郎 専攻医  

診療看護師 向井 拓也 診療看護師(Japanese Nurse Practitioner)プライマリケア領域 保健師

治療実績

< 2017年度 入院診療実績 >
累計 750人
  • 基本的に全内科疾患に対して専門医と連携して診療を行います。
  • 高齢患者に対する包括的な診療およびケアを行い、日常生活への安全な復帰を目指します。

総合内科ってどんなところ?

最近になり総合内科という言葉が普及しだしていますが、依然として何をしている科なのかは、患者さまはもとより医療従事者の間でも十分に理解されていないと思います。医学の発展に伴い、各専門科は日進月歩の勢いで進歩し続けています。その縦への成長が続く一方で、複数の疾病を持つ患者さまをどの医師が見るのか、という問題が出てきています。各疾病、専門科をつなぐ横のつながりを大事にしていきたいのが高槻病院の総合内科です。

患者さまの高齢化に伴い、複数の疾病を抱えているのが普通になってきています。そのような患者さまに対して、各専門科と協力しながらバランスの良い診療を行うことを目指しています。2017年度は累計700人以上の患者様の診療に携わることができました。種々の疾病を持っていて苦しまれている方、原因がわからない症状で苦しまれている方、加齢に伴いこれまでの日常生活を送ることができなくなってきている方、ぜひ相談にお越しください。病気だけを見ずに、患者さま全体を診ることができる科を目指して頑張っていきたいと思います。

包括的高齢者診療って何?

高齢患者は病気だけを治してもすぐに元気になる程単純なものではありません。一般成人と比較して症状の出方も感じ方も全く異なります。薬の影響も非常に受けやすく、ちょっとしたことで体調を崩してしまいます。高槻病院の総合内科では、入院患者さまに対して疾病の治療だけでなく、安全な自宅退院および施設への転院ができるように入院初期から高齢患者への包括的な評価およびマネージメント(包括的高齢者診療:Comprehensive Geriatric Assessment)を行なっています。

具体的には、入院の原因になった疾病だけではなく、併存疾患の評価、内服薬の整理、高齢者に多い気分障害の評価、転倒リスクの評価および対応、必要時は視力・聴力の評価、食事形態の評価など、多種にわたる項目に対応しています。患者さまの回復に少し時間がかかる際は、連携施設であるしんあい病院に転院の上、リハビリテーションおよび包括的高齢者診療を継続して行なっています。その際の担当医は高槻病院総合内科医が引き続き行わせていただいております。

加齢に伴い、患者さまができることが制限されることは事実あると思いますが、適切な対応により質の高い生活を維持することが可能なことはよくあります。これまで長年頑張って来られた人生の先輩である患者さまに最大限の敬意を持って対応していきたいと思います。

ページの先頭に戻る

前のページに戻る