医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 診療科・部門案内>
  3. イメージングリサーチセンター

診療科・部門案内イメージングリサーチセンター

イメージングリサーチセンターとは

「私たちは、科学的な視点から患者さんのための画像診断の工夫、改善、開発をおこなっています!」

イメージングリサーチセンター長ご挨拶

イメージングリサーチすなわち「画像の研究」をする部門がどうして大学病院のような研究機関ではなく、一般病院である高槻病院にあるのだろう?と疑問に思われるのではと思います。

皆様が病院でお受けになる CT や MRI といった画像診断の進歩は著しく、機器の性能向上には目を見張ります。幸い当院では高性能の画像診断機器を取りそろえており、普通に検査をおこなっても十分に綺麗で精密な検査ができます。

しかし私達はそれでは満足しません。機械の性能を最大限に活かして、私達ができる最高の画像を、最小限のご負担で提供したいと考えています。そのためには日々の工夫、改善が不可欠です。そしてこれは行き当たりばったりの思いつきではなく、理論的に考えて工夫・改善の効果を科学的に証明しながら進めなければなりません。

つまり私達の日々の工夫とは研究の視点そのものなのです。

そこで私どもイメージングリサーチセンターでは、私が大阪大学、オランダのナイメーヘン大学、そして神戸大学で臨床研究を重ねてきた経験を活かして、実際の検査を行う診療放射線技師の皆さんと協力して、より良い検査を皆様に提供できるよう、科学的視点から工夫と改善を進めて参ります。

日常の業務としては、画像診断医として CT や MRI の画像診断を行い、主治医の先生に結果を報告することで、皆様の日々の医療のお手伝いをさせていただいております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

高橋 哲

      

イメージングリサーチセンターの活動

1.安全な検査のために造影剤や検査による危険性・副作用の情報を主治医の先生に発信する。

2.安全かつ正確な検査を受けていただけるよう、現場でリアルタイムに検査を管理する。

3.主治医からいただいた検査のご依頼内容から、負担が最小限、得られる情報が最大限となるような最適な検 査法を考える。

4.診療放射線技師の技術および知識向上のための教育活動を行う。

5.検査機器メーカーと協力して、新たな検査法を開発する。

イメージングリサーチセンター長略歴

一貫して、泌尿器、骨盤領域を中心に、CT や MRI を用いた画像診断法の研究や開発に関わってきており、特に前立腺がんの画像診断については「前立腺癌取扱い規約」「前立腺がん診療ガイドライン 2016」の作成に関わり、「画像診断ガイドライン」では泌尿器科部門の委員長をつとめています。

前立腺癌は男性で最も多い癌となってきましたが、単純に癌の有る無しでなく、治療すべき癌か、治療の必要の無い癌か、といったより精密な情報が、適切な治療を考える時に不可欠です。そのために画像診断、とくに MRIの果たす役割がとても大きな癌です。前立腺がんの画像診断の専門家として、当院の泌尿器科の患者さんのみならず、地域の病院・クリニックからの検査のご依頼も積極的に受けています。いつでもご相談ください。

学歴

1992年大阪大学医学部医学科卒業
2005年医学博士(大阪大学)
1998年日本医学放射線学会専門医

職歴

1992年大阪大学医学部附属病院放射線科 医員(研修医)
1993年財団法人住友病院放射線科 医師(研修医)
1995年大阪大学医学部医学科放射線医学教室 研究生
1998年大阪大学医学部医学科放射線医学教室 助手
2000年健康保険組合連合会大阪中央病院放射線科 医師
2002年大阪大学大学院医学系研究科診療画像情報学講座 寄附講座助手
2005年Universitair Medisch Centrum St Radboud, Afdering Radiologie,オランダ留学 Artz Onderzoker(Research Physician)
2008年財団法人住友病院放射線科 副部長
2009年神戸大学医学部附属病院放射線科 講師
2012年神戸大学医学部附属病院放射線部 部長・准教授
2014年神戸大学医学部附属病院放射線部 特命教授
2017年 愛仁会高槻病院 イメージングリサーチセンター長
現在に至る

学会・研究会およびその他の活動

(所属学会)

日本医学放射線学会
日本磁気共鳴医学会
Society of Abdominal Radiology
The Radiological Society of North America(RSNA)
The American Roentgen Ray Society(ARRS)
International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM)
European Society of Radiology(ESR)
日本腹部放射線学会
日本泌尿器腫瘍学会
European Society of Uroradiology(ESUR)

(学会役員)

2012年~日本医学放射線学会 代議員
2013年~日本腹部放射線学会 評議員
2014年~日本医学放射線学会 教育委員
日本医学放射線学会 ガイドライン委員
日本医学放射線学会 編集委員
2014年~2017年日本医学放射線学会 国際交流委員
2014年~2017年RSNA Regional committee Asia Oceania
2015年~2017年Japan Society of Advanced Women Imaging(JSAWI)世話人
2015年~日本磁気共鳴医学会 代議員
2015年~日本医学放射線学会 関西地方会世話人
2016年~2018年日本泌尿器腫瘍学会 推薦代議員
2016年RSNA Educational Awards Committee

(研究会活動)

2010年CT Urography 研究会 世話人
2010年関西 GUR 研究会 代表世話人 (2016年4月まで)
2010年泌尿器腫瘍放射線(GUTR)研究会 運営委員
2011年Advanced CT・MR 研究会 事務局
2013年日本泌尿器画像・治療技術研究会 事務局
2016年Society of Advanced Medical Imaging 幹事
2018年最先端 CT 研究会 世話人

(その他)

2009年前立腺癌取扱い規約 作成委員
2012年画像診断ガイドライン 2013 年版作成委員 事務局
2011年Asia Oceania Congress of Radiology 2014 プログラム委員長
2012年日本医学会総会 2015 関西 展示幹事長
2013年副腎腫瘍取扱い規約 作成委員
2015年画像診断ガイドライン2016 年版作成委員 泌尿器領域委員長
2015年前立腺癌診療ガイドライン 2016 年版 作成班班員
2018年陰茎癌診療ガイドライン 協力委員

(受賞)

2004年Certificate of Merit. “Virtual laparoscope for Preoperative assessment of Laparoscopic nephrectomy: Visualization of renal vessels, collecting systems and tumors”. RSNA 2004, Chicago
2007年Magna Cum Laude. “Ferumoxtran-10 enhanced MR imaging at 3T MRI with total imaging matrix: State of the art MRI for novel molecular imaging techniques with Nano-particles”. ECR 2007, Viena
2007年教育展示優秀賞 . 前立腺癌治療後 PSA 再燃例における USPIO-MRI の有用性. 日本医学放射線学会総会 2007 横浜
2007年Silver Medal. IVU のおきかえとしての CT urography の有用性.日本医学放射線学会総会 2007 横浜
2007年最優秀賞 . 第 11 回 JAL 海外生活エッセイコンテスト
2008年Bronze Medal. 放射線治療計画支援としての MR lymphographyと CT angiography との画像照合の試 み. 日本医学放射線学会総会 2008 横浜
2009年Gold Medal. Two-pass dual energy imaging to detect and characterize urinary stones with excretory-phase CT urography alone: A phantom study 日本医学放射線学会総会 2009 横浜
2012年Bronze Medal. “Volumetric 3D-T2-weighted MRI for the prostate cancer at 3T with interactive multiplanar reformat imaging” Asia Oceania congress of Radiology 2012, Sydney, Australia
2013年前ノ園賞. ロボット支援を中心とした泌尿器科内視鏡下手術に対する CT、MRI を用いた術前画像 シミュレーションの技術開発
2015年Certificate of Merit. Preoperative Assessment of "Zero Ischemia" Robotic-assisted Partial Nephrectomy Should be Performed with "Kidney Friendly' CT: What Radiologists and Technicians Need to Know about the Low-Energy Low-Contrast Dose Renal CT. RSNA 2015, Chicago, USA.
2016年Certificate of Merit. Congenital Cystic Lesions of the Genital Tract and Urethra: Embryologic and Anatomic Considerations, Differential Diagnosis. RSNA 2016, Chicago, USA.
2018年Certificate of Merit. What Radiologists Need to Focus on Renal Imaging for Preventing Pathological Upstaging of Clinical T1 to Pathological T3 Renal Cancer Managed by Partial Nephrectomy. RSNA 2018, Chicago, USA.

スタッフ

イメージングリサーチセンター
医師名 職名 資格
高橋 哲 部長 医学博士
日本医学放射線学会放射線診断専門医・研修指導者

ページの先頭に戻る

前のページに戻る