医療法人愛仁会 高槻病院

感染対策室の紹介

感染対策室では、医療関連感染を予防・コントロールすることで、患者様が安全に安心して療養できる環境を整え、院内で働く医療従事者、職員の安全を守るための活動を行っています。感染予防対策に関する連携を院内外で図り迅速に対応しています。

組織体制と主な業務内容

  • 感染対策室に、専従の感染管理者を配置しています。
  • 感染対策に関する専門的な知識を持った医師(ICD:Infection Control Doctor)、看護師(ICN:Infection Control Nurse)、薬剤師、検査技師を中心とした感染対策チームを作り、週1 回院内をラウンドして、感染対策の実施状況を確認しています。
  • 感染対策室は、院内感染の発生状況を調査し、現場への指導を行って感染拡大を予防しています。
  • 抗菌薬の適正使用に関する取り組みを行って、薬剤が効きにくい細菌の発生予防に努めています。
  • 院内感染対策委員会・感染対策室が企画して、年2 回全職員対象の感染対策研修会を開催し、感染対策の実践力向上に努めています。
  • 感染対策に関する最新の知見に基づいた手順書を作成し、全職員が遵守するように心がけています。
  • 地域の連携医療機関からの感染対策に関する相談を受け、また地域の合同カンファレンスに参加するなど、地域ぐるみの感染対策の向上に 貢献しています。

ページの先頭に戻る

前のページに戻る