医療法人愛仁会 高槻病院

薬剤科について

平成29年薬剤科は新病院へ移転し、システムの更新を行いました。

高槻病院の薬剤科は、薬剤師数36名の定員で業務を行っています。愛仁会グループの中心的な病院薬剤科として、地域の関連施設や保険調剤薬局との連携、患者さまの薬物治療を推進する薬剤師の育成と活躍の場となるように努めています。
調剤業務から処方提案を含めた薬剤業務を積極的に行っています。

当院では調剤支援システムをTOSHOのシステムで構築しています。

  • 注射薬自動払い出し装置(UNIPUL5000)
  • 自動錠剤分包機(Xana-2720EU)
  • 錠剤監査支援システム(MDM-1)
  • 自動散剤分包機
  • 秤量監査システム・水剤監査システム
  • 薬品払出確認システム(端末を利用し、バーコードで薬品を確認)
  • 安全キャビネット(クラスⅡ)
  • 抗がん剤混注鑑査システム(Add/Dis)

調剤業務

調剤は、医師の処方せんに基づき、処方内容(薬品名・量やのみ方、のみ合わせなど)が適切であるか確認し、調剤を行います。その後、別の薬剤師によって再度、処方せんの内容、薬の確認を行い、病棟や外来の患者さまに届けられます。
調剤業務は入院患者さまのお薬(のみぐすりや注射剤など)を中心に行っていますが、夜間救急外来を受診された患者さまへの外来調剤も実施しています。

調剤エリア

調剤は薬剤師(人)によるインシデント・アクシデントなどをいかに起こさないように配慮するかが大切であると考えています。薬剤師間の調剤・監査体制もその一つです。
当院では移転の際のコンセプトとして、「業務の効率化と安全性の向上」を目標に構築しました。さまざまな機器の導入・払出システムの構築・過誤防止対策の実施を行いました。
院内処方せんへの検査値記載、薬剤充填時のバーコード認証等を実施しています。

入院患者さまの内服薬は、配薬カートへのセットの実施や患者さまへの説明・交付を実施しています。注射薬については患者さまごとのケース、施用単位での薬剤のセットを行い、病棟へカートでの払出を行っています。

調剤・監査に際しては、配合変化や投与量・投与時間に注意しています。個人セットにより病棟で安全に投与してもらうための工夫をしています。
薬剤使用の際には、電子カルテ上で注射処方・薬品バーコード・患者さまでの3点認証を行い、間違いがないことを確認した上で投与されます。

抗がん剤について

当院で施行される化学療法は、レジメン(投与計画)に基づいて管理されています。レジメンでは用法・用量、投与ルートなどが決められており、安全な投薬が行われます。過量投与などを起こさない体制を整備し、安全に配慮しています。薬剤師は薬剤投与量や投与スケジュールの確認とともに、副作用に応じた支持療法の確認を実施します。その結果、患者さまに最適な薬物治療が実施されるよう支援しています。

抗がん剤の調製はすべて薬剤科内の抗がん剤調製室にて、安全キャビネット(クラスⅡ)、抗がん剤混注鑑査システムを用いて安全かつ的確に行っています。また、抗がん剤調製室は外来化学療法室に隣接しており、調製された抗がん剤はパスボックスを用いて速やかに患者さまの元へ届けることが可能です。さらに化学療法開始時には、薬剤師が抗がん剤の説明を事前に行い、より詳細な薬剤の効能効果や副作用の説明などを行うことで、患者さまの不安を取り除けるよう努めています。

病棟業務

平成26年より病棟薬剤業務を開始しています。小児・周産期病棟・成人病棟・ICUの全てに薬剤師を配置しています。新病院の建築に際し、病棟にはサテライトファーマシーを設置しました。サテライトファーマシーは薬剤師の活動拠点の確保と病棟における薬剤管理の徹底を目的としており、薬剤管理を薬剤師の管理の下で行えるようにしています。

薬剤師の役割は年々多岐にわたってきています。入院患者さまに対して、入院から退院までの薬物治療がスムーズに行えるよう支援を行っています。処方されいる医薬品に関する説明だけではなく、持参薬の管理や相互作用(のみ合わせ)にも注意を払い、より精度の高い薬物治療を支援し、患者さまが正確に安心して薬をのめるよう取り組んでいます。チーム回診や病棟カンファレンスにも積極的に参加し、処方提案、医療スタッフへの医薬品情報の提供を実施ています。
また、病棟で使用される高カロリー輸液などの混合調製をサテライトファーマシーに設置したクリーンベンチで行っています。

手術室業務

平成28年手術室移転より、薬剤師の手術室常駐業務を開始しています。

医薬品管理

手術室には麻薬・毒薬・向精神薬・血液製剤など、特に厳密な管理を要する医薬品が多くあります。適切な医薬品管理のため、薬剤師が主体となりすべての医薬品の供給、在庫管理、品質管理を行っています。

術式セットの導入

薬剤の効率的な管理のため、医師と協議の上で術式セットを導入しました。術式ごとに必要な薬剤を準備することで、払出・使用確認・充填を効率よく行えています。また緊急手術等の薬剤師不在時にも対応がスムーズに行えています。

患者さま個人別に薬剤供給

薬剤管理の徹底のため、手術で用いる薬剤を患者さま個人別にセット化して払い出しています。術式セットに個人での必要薬剤を追加して個人セットとして供給しています。

業務の効率化

手術中に緊急で必要になった薬剤を各手術室へ搬送しています。手術スタッフが持ち場を離れることなく追加薬剤を得ることができ、より安全に手術を行うことができます。
薬剤師がすべての薬剤の供給、管理を一貫して行うことで、手術室全体の安全性の向上と業務の効率化にも貢献しています。

医薬品情報管理

薬剤にかかわる情報の収集・集積・広報活動を行っています。最近では、未知の副作用が起こる可能性のある薬剤も多く、副作用情報の収集の重要性が高まっています。薬品コードの提供や、仕様変更にかかわる情報共有など、過誤防止のための活動が中心となっています。電子カルテ・薬剤科システムに関するマスタのメンテナンス作業も重要な業務となっています。

チーム医療への参画

院内で活躍するチーム

緩和ケアチーム:
痛みなどからだの辛さや、気持ちの辛さをやわらげる治療や、退院・外泊における支援を行っています。
感染対策チーム:
抗生剤の適正使用の推進を促し、院内感染対策業務への積極的な介入をおこなっています。
栄養サポートチーム:
薬学的な観点から、点滴や栄養剤などの適正な使用を提案し、患者さまの栄養状態改善を支援しています。
ACLSサポートチーム:
院内でのICLS・BLSの普及のため活動を実施しています。薬剤師もインストラクターとして参加しています。

その他にも、精神科リエゾンチーム、摂食嚥下ラウンドへも参加しています。

教育支援活動

患者さま対象

  • 糖尿病教室(外来糖尿病教室・入院糖尿病教室)
  • 心不全教室

スタッフ対象

  • 院内スタッフ向け研修会の実施(医療安全・感染対策・研修医対象等)
  • 関連学会における研究発表を積極的に行うための体制整備
  • 病院薬剤師会等において研修委員を行い、研修会の実施に参画

学生対象

  • 薬学部4年生を対象とした実務実習(2017年実績:1期4名、年間4期)
  • 薬学部1年生を対象とした早期体験学習(大阪薬科大学・京都薬科大学等)
  • 中学生の職業体験

認定薬剤師

日本病院薬剤師会・各種学会では、専門薬剤師・認定薬剤師認定制度を設立しました。高度化する医療の進歩に伴い、薬剤師の専門性を生かした、より良質の医療を提供するという社会的要請に応えるためです。当院では、高度な薬物療法等について知識・技術を備えた各種認定薬剤師の育成を行っています。

<当院における認定薬剤師の取得状況>

  • がん薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 緩和薬物療法認定薬剤師(日本緩和医療薬学会)
  • 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師(日本病院薬剤師会)
  • 小児薬物療法認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
  • 栄養サポートチーム専門療養士(日本静脈経腸栄養学会)
  • 糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構)
  • 医療情報技師(日本医療情報学会)
  • 認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)

お薬手帳

患者さまご自身のお薬の処方歴・アレルギー歴を記載し、医療者と共有するツールが「お薬手帳」です。最近ではスマートフォンのアプリなどもあります。保険調剤薬局で処方を受け取られる際の記録、服用歴の証拠になります。ぜひ積極的に活用して下さい。外来で診察を受けられるときは、医師へ見せていただくと診察の補助にもなります。入院の必要があるときも持参し、薬剤師へ見せてください。よろしくお願いいたします。

院外処方せん

外来患者さまには「院外処方せん」を発行しています。患者さまが「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」を選択し決めていただくことが重要です。「かかりつけ薬局」で他院から処方されたお薬を含めて、服用されている薬剤の管理ができれば重大な事故が回避出来ます。院外処方せんの発行にご協力下さい。

※ 院外処方せんの有効期限は4日です
※ 当院では90日処方を上限とさせていただきます

ページの先頭に戻る

前のページに戻る