医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 診療科・部門案内>
  3. 小児科・新生児小児科

診療科・部門案内小児科・新生児小児科

小児救急疾患

日本小児科学会がこどもの救急のページを作りました。
症状毎の対処法が詳しく書かれていますので、ご参照下さい。

こどもの救急
http://kodomo-qq.jp/

大阪のこども夜間救急の電話相談TEL番号 #8000

小児専門外来で対応できる主な疾患

小児循環器外来

先天性心疾患(生まれつきの心臓の病気)の診断、術前、術後フォローを中心に産婦人科と連携して胎児心エコー検査を行い、出生前診断も行っています。
当院だけでなく近隣の産院を中心に出張心エコーオープン検査も行っており、うまれた赤ちゃんの心臓の病気の検査にも迅速に対応しています。
川崎病、心筋症、不整脈のフォローも行っています。治療を要するこどもの不整脈疾患は月に一度小児不整脈外来を設け診療を行っています。

アレルギー外来

気管支喘息

小児アレルギー学会の治療・管理ガイドラインを尊重した治療を実施、鍛練療法として、夏および秋には喘息児ハイキングを企画し、学童の参加を得ています。

アトピー性皮膚炎

厚労省・日本皮膚科学会のガイドラインを尊重し、スキンケアを基礎に、環境整備、抗アレルギー剤・外用薬療法、除去食療法、等を施行している。

食物アレルギー

アナフィラキシーをはじめとする諸種の食物摂取に由来する過敏反応の原因を究明し、栄養管理科の協力の下に除去食療法を勧めています。

小児神経外来

てんかん、熱性けいれんを主体とし、神経皮膚症候群、脳形成異常、モヤモヤ病、先天性代謝異常症など多岐にわたる児を対象としています。これらの児は、発達障害や精神面でのトラブルや他の合併症をかかえていることが少なくなく、小児リハビリ外来、在宅外来、小児外科、精神神経科、言語療法、理学療法をはじめとする他部門と連携をとり診療にあたっています。

小児在宅ケア外来

慢性肺疾患、神経筋疾患などのため在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法などを施行している方を対象としています。気管支拡張剤の吸引、喀痰の吸引、経管栄養を併用している方が多いのが特徴であり、一人一人の状況に応じて適切な方法を模索しています。年長児では保育園、学校との連携が欠かせません。

小児リハビリ

脳性まひ、神経筋疾患、発達障害などのためハンディキャップを持たれている方々を対象にしています。理学療法、作業療法、言語療法の手配、保健師、療育園、リハビリ専門病院との連絡、その他ご家庭での日常的な問題点について話を聞き、その都度解決策を模索しています。在宅ケア外来を含め、この外来の内容如何で重症のお子さんがご家庭で生活できる可能性が拡がりも縮みもするため、当院の急性期医療のレベルをも規定するものと考えています。まだまだ不十分なところが多く、ソーシャルワーカーの働きや療育センターなどさまざまな社会的資源を駆使してさらに改良していく所存です。

小児腎外来

性腎炎、腎移植後の方を対象にしています。腎外来は1982年に開設して20年以上経過しました。開設当初から20年近く診療している患者もあり、患者の年齢は0歳から30代までと幅が広いです。電子カルテ導入後は1回に20人前後を診療しています。最近は自作の腎炎説明のカラープリントを使って、「なぜ血尿、蛋白尿がでるのか」「なぜ治療、経過観察が必要か」等を説明し、プリントを配布して、患者と保護者により理解していただけるようにしています。患者は高槻市を中心に、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、岐阜県からも受診されています。

こどもの感染症疾患を中心に一般的な病気にはすべて対応します。
アレルギー疾患、小児神経疾患、腎疾患、循環器疾患、代謝、内分泌疾患、発達障害、在宅ケア、小児リハビリなどの基礎疾患をお持ちのお子様に対して専門外来での対応が可能です。疾患によっては、初期対応後に専門病院への紹介も可能です。
小児外科、小児脳外科、小児心臓血管外科(非常勤)とも連携して外科的治療を要する疾患への対応も可能となっています。

三島医療圏(高槻市、茨木市、摂津市、島本町)の小児の初期急病(急な発熱や嘔吐、下痢など) 対応施設である高槻島本夜間休日診療所、医師会の先生方と連携して24時間365日、外傷を含めた救急疾患、救急搬送を積極的に受け入れています。熱性けいれん、喘息発作、脱水症などの代表的な救急疾患はもちろん、人工呼吸器管理を要する呼吸器疾患への対応だけでなく、急性脳炎、脳症、急性腎不全、急性心筋炎などの小児の最重症疾患に対する脳平温療法、血液浄化療法、ECMO治療も併設するPICU(小児集中治療室)での治療、管理が可能です。

新生児科では大阪府下最大のNICU・GCUを有し、三島、北摂地域を中心とした地域の周産期医療の質の向上のために緊急母体搬送や新生児搬送を積極的に受け入れています。

診療体制

診療日

 
午前
一般外来
武井
来田
松井
四本
福嶋
中田
石森
来田
谷口

福嶋
小山
内山
谷口
近藤
午前
専門外来
(完全予約制)
在宅ケア
四本
アレルギー
仲宗根
谷内

小児神経
島川

発達検査
(臨床心理士)
アレルギー
免疫
谷内

発達相談
武井

発達検査
(臨床心理士)
小児心臓血管
根本



腎臓
石森

発達検査
(臨床心理士)
在宅ケア
四本

アレルギー


発達相談
午後
専門外来
(完全予約制)
小児リハビリ
四本

心臓(初診)
谷口

代謝


発達検査
 (臨床心理士)

発達
田村


乳児健診

シナジス
在宅ケア


アレルギー
西野

予防接種

発達
片山

乳児健診

シナジス
心臓(再診)
内山

フォローアップ
担当医

発達相談
武井

発達
池上
自見

乳児健診

シナジス
検査外来

予防接種

アレルギー
西野

小児神経
来田

発達
菊池
岸上

乳児健診

シナジス
小児不整脈
(第4週のみ)

アレルギー
榎本

小児神経
福井

代謝内分泌
李・松井

発達
長坂

発達相談
武井

乳児健診

シナジス

スタッフ

医師名 職名 資格
南医師 南 宏尚 愛仁会 常務理事 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会評議員・同専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
インフェクションコントロールドクター
池上 等
(NICU)
主任部長 日本小児科学会専門医・認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
片山 義規
(GCU)
主任部長 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
起塚 庸
(PICU)
主任部長 日本集中治療医学会専門医・指導医
日本小児科学会専門医
PALSインストラクター
日本集中治療医学会専門医
内山 敬達 主任部長 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
吉川 徳茂 部長
(名誉小児センター長)
日本小児学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医・指導医
武井 安津子 部長 日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「一般」インストラクター
四本 由郁 部長 日本小児科学会専門医・認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
臨床遺伝専門医
谷内 昇一郎 部長 日本アレルギー学会指導医・専門医
日本小児科学会専門医
インフェクションコントロールドクター
菊池 新 医長 日本小児科学会専門医・指導医
新生児医学会周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
国際認定ラクテーション・コンサルタント(IBCLC)
長坂 美和子 医長 日本小児科学会専門医・認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
臨床遺伝専門医
岸上 真 医長 日本小児科学会専門医・認定指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
大西 聡 医長 日本小児科学会専門医
石森 真吾 医長 日本小児科学会専門医・指導医
日本腎臓学会専門医
日本小児腎臓病学会代議員
来田 路子 医員 日本小児科学会専門医
田村 誠 医員 日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「専門」インストラクター
郷間 環 医員 日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「一般」インストラクター
自見 仁美 医員 日本小児科学会専門医
福嶋 志穂 医員  
谷口 由記 医員  
米田 徳子 専攻医  
中田 有紀 専攻医  
山根 弘美 専攻医  
仲宗根 瑠花 専攻医  
松井 美樹 専攻医  
近藤 淳 専攻医  
藤﨑 拓也 専攻医  
小山 智史 専攻医  
李 崇至 専攻医  
榎本 真宏 非常勤医師 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
李 知子 非常勤医師 日本小児科学会専門医・認定指導医
臨床遺伝専門医

治療実績

< 2017年度 実績内訳 >

小児科患者数

項目 外来 入院数 紹介
時間内 31,945 1,078 3,035
時間外 3,816 1,162
合計 35,761 2,240

主な疾患の入院症例数

疾患名 症例数
細菌性肺炎/ウィルス性肺炎 336
RSウイルス肺炎 237
ウイルス性腸炎/細菌性腸炎 174
熱性痙攣 173
急性上気道炎・中耳炎 168
小児喘息 163
食物アレルギー負荷試験 91
川崎病 74
急性腎盂腎炎 62
アナフィラキシー 60
新生児黄疸 59
インフルエンザA/B 54
てんかん発作・重積 34
頭部打撲/脳震盪 33
頭蓋骨骨折/頭蓋内出血 32
虫垂炎 28
心臓カテーテル検査 23
その他 439
合計 2,240

新生児科の治療実績データはこちらから

ページの先頭に戻る

前のページに戻る