医療法人愛仁会 高槻病院

診療体制

診療日

 
午前
(9:00~11:00)
黒川
受付
11:00まで
黒川
受付
11:00まで
黒川
受付
11:00まで
黒川
受付
11:00まで
午後
(14:00~16:00)
手術日 処置
(完全予約)
担当医
受付
16:00まで
休診 処置
(完全予約)

※病棟患者さまの急変や救急患者さま等により予約時間の遅れが生じることがございます。患者さまには、大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

スタッフ

医師名 職名 資格
黒川 憲史 主任部長 日本形成外科学会専門医
日本形成外科皮膚腫瘍外科分野指導医
大阪医科大学 形成外科学 非常勤講師

【学会認定】
日本形成外科学会教育関連施設
千田 恵理奈 専攻医  

治療実績

< 2017年度 実績内訳 >
手術内容区分 入院手術 外来手術
全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他 全身麻酔 腰麻・伝達麻酔 局所麻酔・その他
外傷 17 - 6 - - 60 83
先天異常 6 - 2 - - 2 10
腫瘍 25 - 26 - - 62 113
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 4 - 4 - - 4 12
難治性潰瘍 6 - 21 - - 1 28
炎症・変性疾患 2 - 2 - - 2 6
美容(手術) - - - - - - -
その他 1 - 3 - - 2 6
レーザー治療 - - - - - - -

形成外科とは

形成外科とは、体の表面にある病気の治療を主に行う診療科です。目に見える身体表面の形態や機能の異常を修復することで、その人のQOLを向上させることを目的としています。

よく整形外科との違いを質問されますが、形成外科は全身の皮膚や軟部組織の疾患を主に扱うのに対して、整形外科は体幹、四肢の筋肉、骨、関節の外科的な疾患を主に扱います。しかし、顔面骨の骨折に関してはより整容的な予後が重視され、多くの場合で形成外科が扱うことになりますし、形成外科で体幹・四肢の骨を扱う場合もあります。当然、整形外科で皮膚・軟部組織を扱う事もあり、領域が重複すること場合があります。また、整形外科以外にも、皮膚科、耳鼻科、眼科、口腔外科、血管外科などとも領域が重複する場合があり、その場合には必要に応じて各科へ紹介したり、あるいは共同で診療にあたる場合もありますので、まずは御相談下さい。

形成外科で取り扱う主な疾患

対象疾患は、主に体の表面にある病気や怪我となります。下記のような病気による、異常や変形を治したり、機能の再建を行います。もし、より大きな病院での治療が必要な場合には、信頼の置ける病院を御紹介致します。

外傷、外傷後変形(切創、擦過創、熱傷、顔面骨骨折など)

体表部のけが、傷などが形成外科の治療分野となります。擦り傷、切り傷、熱傷、顔の骨折、また交通事故などによる皮膚の障害なども治療します。また、以前の怪我による傷跡で、傷跡が盛り上がったもの、ひきつれをおこしているもの、顔の骨折により歪みを来しているものなども含まれます。

腫瘍、腫瘍手術後変形(皮膚癌、母斑、ほくろ、血管腫など)

主に体の表面の良性及び悪性腫瘍に対する手術を、できるだけ機能や形態を損なわないように行います。また、他の科の手術で失われた組織を再建することもあります。例えば乳がんの手術後の乳房再建術などがそれにあたります。

先天異常(頭蓋・顔面、体幹、手・足など)

体の表面の形態に関する生まれつきの異常です。耳、口、鼻、まぶた、へそ、性器、手指などの多くの病気があります。いわゆるあざ(赤あざ・黒あざ・青あざ等)もここに含まれます。症例によっては手術も行いますが、一般的には、レーザーが中心の治療になります。残念ながら当科にはレーザーが無いため、レーザー治療の必要な場合はレーザー機器を備えた施設に御紹介しています。

その他(眼瞼下垂など)

眼瞼下垂は、上のまぶたが垂れ下がってしまい眼が開け難くなった状態です。先天性にも起こりますが、加齢によっても起こり、手術でまぶたを持ち上げます。

形成外科の疾患は上に挙げたもの以外にも沢山ありますので、ご不明なことがあればまずは、形成外科外来で御相談下さい。

美容外科について

美容外科は、形成外科の一分野に含まれます。
大雑把に言えば、病気(怪我の後遺症や、生まれつきの異常、手術の合併症など)のある人を対象とするのが形成外科で、いわゆる正常の人(機能障害のない人)を対象とするのが美容外科といえます。したがって、形成外科であれば、ある程度の美容外科の治療を行うことは可能です。例えば、二重まぶたをつくる手術方法は軽度の眼瞼下垂に対する手術と非常に似てると言えます。

ただし美容外科の治療は目的が病気でないため保険診療が出来ません。また、当院では、原則として美容外科治療は行っておりません。(先に述べたように、病気と判断された場合は、美容外科と同じような手術をすることがあります。)

患者さまへ

患者さまへ(PDF)

ページの先頭に戻る

前のページに戻る