医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 診療科・部門案内>
  3. SCU(脳卒中ケアユニット)

診療科・部門案内SCU(脳卒中ケアユニット)

脳卒中を発症早期から集中的に治療する病床

当院は平成29年12月、8階にSCUを開設しました。
SCU(Stroke Care Unit)とは脳卒中ケアユニットと訳され、脳卒中専用の病室のことです。

では脳卒中とはどんな病気でしょうか?それは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などのことです。脳卒中は治療開始時間が重要です。特に脳梗塞では、できる限り早い時間で閉塞した血管を再開通させることで症状を改善させることができます。発症から4.5時間以内ではt-PA静注療法を行うことは広く知られていますが、最近ではカテーテルを用いた血栓回収療法を組み合わせることでより早く血流を再開通することができるようになりました。脳卒中は発症早期の治療やリハビリテーションが、その後の回復具合を左右します。

このようにSCUでは重要な初期治療を効率的に行うため、また多職種からなる脳卒中専門チームがリハビリテーションを含む診断、治療を行っています。 開設して約半年ですが、患者さまの少しでも早い社会復帰を目指して日々努力しています。

スタッフステーションからのSCU
スタッフステーションからのSCU
チームカンファレンスの風景
チームカンファレンスの風景

ページの先頭に戻る

前のページに戻る