医療法人愛仁会 高槻病院

胆道がん(胆管がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がん)

胆道がんの症状

早期には自覚症状がほとんどなく、症状が現れた時点ではある程度進行していることがあり、以下のような症状があげられます。

  1. 黄疸(皮膚や目の白目が黄色くなること)
  2. 白色便
  3. 体のかゆみ
  4. 右上腹部の痛み
  5. 右上腹部のしこり
  6. 発熱
  7. 全身倦怠感、食欲不振、体重減少

CT、MRI、内視鏡検査(超音波内視鏡、ERCP)などを行って診断し、治療方針(手術、抗がん剤、放射線療法)を決定します。黄疸がある場合は内視鏡的胆管ステント留置(ENBD、ERBD)、経皮的胆管ドレナージ術(PTCD)の必要性があります。

胆道がんの治療法

上記のような検査を行った上で、病期を正確に診断し治療法を決定します。 胆道がんを根治できる唯一の治療法は外科手術です。可能なかぎり外科手術を行います。手術ができない場合は、化学療法など内科的治療を行います。 また、黄疸があれば内視鏡的に閉塞した胆管にステント(プラスチック製、金属製)を埋込み、可及的に黄疸の解消に努めます。胆道がんの治療には大きくわけて外科手術、手術以外の治療(抗がん剤治療、放射線治療)、支持療法があります。

(表1)ガイドライン

胆道癌診療ガイドライン
※胆道癌診療ガイドライン:日本肝胆膵外科学会、日本がん治療学会 胆道癌診療ガイドライン作成出版委員会/編より抜粋

手術(外科的治療)

胆道がんの根治的治療は手術しか方法がありません。胆道がんに対する外科的な手術の方法は、腫瘍の存在部位により選択されます。特に胆管がんなどで肝臓の近くにできた腫瘍の場合には、肝臓も含めた広範囲な切除が必要とされ、難易度が高い手術が必要となります。逆に腫瘍のできる部位が、十二指腸側である場合は、膵臓の切除を含めた手術が必要となります。また、動脈浸潤がある場合には動脈再建や肝動脈のバイパス手術を行うこともあります。難易度が高い手術にはなりますが、手術可能であれば積極的に手術治療を行なっています。

化学療法

抗がん剤による治療です。抗がん剤治療は日進月歩のスピードで展開しており、胆道がんに対する抗がん剤治療もめざましい進歩を遂げています。抗がん剤の代表的薬剤は、ゲムシタビン(ジェムザール)、シスプラチンとS-1(TS-1)です。ゲムシタビンおよびシスプラチンは、経静脈的に投与します。ゲムシタビンとシスプラチンの併用療法もしくはゲムシタビン単独療法があります。一方、S-1は、内服の治療法です。1日2回朝夕の内服を行います。いずれも通院で治療が可能です。

放射線療法

がんの進行が局所にとどまっている場合に、抗がん剤と併用して放射線療法を行うことがあります。骨転移による疼痛緩和の目的で行われることも多いようです。通常は入院治療になりますが、希望により外来通院での治療も可能です。

放射線治療科一般のページ>>

支持療法

支持療法は、本来のがん治療を補助し、患者さまの症状をやわらげる治療法です。

胆道がんでは、黄疸などの症状が強く出ることから、多くの場合、手術や化学療法の前などに黄疸の治療が行われます。
黄疸の治療には胆汁をチューブによって体の外に出す「外ろうドレナージ」と、プラスチックチューブや金属製の筒(ステント)を胆管にうえこむ「内ろうドレナージ」の2種類があります。黄疸が改善したら、ドレナージをしながら抗がん剤による治療を行う場合もあります。

プローチ方法は「経皮経肝的アプローチ」と「内視鏡的アプローチ」があります。

「経皮経肝的アプローチ」とは、おなかの皮膚に針を刺して、肝臓を通して胆管にチューブを入れる方法です。
「内視鏡的アプローチ」とは、内視鏡を使って、十二指腸から胆管にチューブを入れる方法です。

ドレナージチューブはプラスチック製のものと金属製のものがあります。

ページの先頭に戻る

前のページに戻る