医療法人愛仁会 高槻病院

概要

当院は大阪府指定がん診療拠点病院に認定されており、さまざまな種類のがんに対する手術療法、化学療法、放射線療法などの集学的治療を行う体制が整っています。高度化するがん治療、がん患者さんの抱える様々なニーズ、そして地域医療で果たすべき役割などに統合的かつ有機的に取り組むために、2016年4月に“がん診療支援センター”を組織しました。センターには化学療法部門(外来化学療法室)、がん相談支援部門(がん相談支援室)、がん緩和ケア部門、及びがん登録部門があり、そこに専門知識を持つ薬剤師・栄養士・理学療法士が加って、安心・安全ながん診療を提供するために日々活動しています。

センター長あいさつ

国民病とさえ言われるがんは、私たちにとってますます身近なものとなっています。近年がん治療の進歩は目覚ましく、治療成績も確実に向上しています。当院は大阪府指定がん診療拠点病院として、多くの専門診療科が常に先端医療を提供する体制を整え、適切な診断と治療をタイムリーにかつ安全に行うというがん診療の基本を実践しつつ、さらにがん患者さん一人一人が納得し安心して治療を受けられることががん治療の要であるという信念のもと、患者さんに関わる全てのメディカルスタッフが丁寧な説明と対話を重視した診療を心掛けています。また、長期化するがん治療を乗り越えていくためには、体力と生活の質の維持が大変重要になります。当院では、がん栄養、がんリハビリテーションにも力をいれており、専門知識を持つスタッフが、個々の患者さんに合わせたサポートを行っています。

最適な医療をより早く、分かりやすく、そして安心して受けていただけるように、当院のがん診療支援センターはチーム力を結集して、患者さんと共にがん診療に取り組んでいきます。

がん診療支援センター長 副院長 船田 泰弘

ページの先頭に戻る

前のページに戻る