医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 当院の特色>
  3. 総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター2つの命を同時に守るお母さんと赤ちゃんにやさしい病院

総合周産期母子医療センター【命の継承の診療部】は、産婦人科・新生児科・小児外科・小児脳外科で構成されます。ここで実践されるのは、“母体を護り、健やかな命を社会に送り出すことで、母児を囲む小さな世界の80年の幸せをもたらす“ すなわち「命の継承の医療」です。

従来、「産科医療」、「新生児医療」、「小児医療」は個別に行われてきました。
しかしながら当センターでは「妊娠‐出産‐新生児発育‐小児発達」は“命の継承にかかわる一連の医療”との認識のもとに、関連診療科が“一体”となって取り組んでおります。

このような体制のもとに、地域の方が「安心して産み、育てられる」よう貢献することはもちろんのこと、日本の周産期医療の質の向上に貢献できるチームであることを目標としております。

産科部門

  • 産科部門について
  • 患者さま・ご家族の方
  • 医療関係者の方

新生児部門

  • 新生児部門について
  • 患者さま・ご家族の方
  • 医療関係者の方

新着情報

2021年4月6日(火)
立ち会い分娩の中止について
2021年3月10日(水)
立ち会い分娩の条件付き再開について

ページの先頭に戻る

前のページに戻る