医療法人愛仁会 高槻病院

  1. トップ>
  2. 当院の特色>
  3. 総合周産期母子医療センター>
  4. 産科部門(患者さま・ご家族の方)

総合周産期母子医療センター産科部門

産科部門について

39床の産科病棟と6床の母体胎児集中治療室(MFICU)を有し、NICUと共に総合周産期母子医療センターとして、大阪北部の周産期医療における基幹病院として活動しています。年間1,400~1,500件になる分娩の内訳は、通常の分娩からハイリスク症例まで多岐に及び、あらゆる産科症例に対応できる体制になっています。

当産科は大阪産婦人科医療相互援助システム(OGCS)の基幹病院として北大阪を中心に緊急母体搬送を年間約200件受け入れ、産婦人科救急に対し可能な限り積極的に対応しています。大阪府だけではなく、京都府や奈良県、滋賀県からの緊急搬送依頼を可能な限り受け入れています。

また、平成18年度より日本周産期・新生児医学会より周産期専門医(母体・胎児専門医)の研修施設に認定されました。
ハイリスクの症例だけではなく、通常の分娩も予約制限をすることなく受け入れており、当院での分娩御希望の方はいつでも安心して来ていただけるようになっています。
当院での分娩のスタンスは、基本的には、できるだけ自然に陣痛がくるのを待ち、自然に近い分娩を目指しています。浣腸は行いませんし、会陰切開は医療上必要な場合のみに限り行っています。分娩の際には、途中で帝王切開に切り替えた方がよい場合や陣痛促進剤を使用するケースがあり、イメージしていた分娩と異なることがたびたび起きますが、どのような状況においても、本人や御家族が納得いくまで状況の説明し、満足いただける分娩を目指しています。

このように、私たちは単に快適な施設を提供し、診療成績の向上を図るためだけではなく、急速に進行しつつある少子化現象と高齢化社会を生きていく新しい子供たちが、素晴らしい愛に満ちた母子関係から育っていくことを信じて、妊婦さんやその家族が妊娠、出産、育児を通じて共に協力してゆけるセンターにしたいと、職員一同、心を一つにして邁進しています。

母体・胎児集中治療室(MFICU)

平成13年8月に完成しました総合周産期母子医療センターは、国の医療政策の一環として進められています。その中には母体・胎児集中治療室(MFICU)が設置され、新生児集中治療室とともに、母子センターの機能を二分する重要なものです。

母児同室

WHO(世界保健機構)とユニセフは1989年に「母乳育児を成功させるための10カ条」を共同宣言しています。その中で7番目に「母子同室にすること。赤ちゃんと母親が1日中24時間一緒にいられるようにすること」をあげ母子同室を勧めています。高槻病院では平成13年8月以後、完全母子同室を導入しています。 母子同室とは出産後にお母さまとお子さまが同じお部屋ですごすことをいいます。一般的に母子同室の良い点は以下の5点がいわれています。

母乳分泌がよくなり母乳の授乳率を上昇させます。
母乳は赤ちゃんが吸う刺激でプロラクチンという母乳分泌ホルモンが増加し母乳の分泌を促します。母子同室をすることで赤ちゃんが母乳を欲しがり泣いた時にタイミングよく吸わせることが出来ます。吸わせる回数が多いことにより母乳の分泌も増えてきます。お母さまはタイミングのよい授乳と毎日の授乳により母乳を吸わせることがとても上手になります。
お母さまにとっては、退院後に当然行わなくてはならない育児を習得することが出来ます。
抱き方、寝かせ方、オムツ交換、ゲップの仕方などの初めてする育児が毎日一緒にいることでお子さまの状態に合わせてできるようになります。
お父さまとお母さまと赤ちゃんの間に早くから親密さが確立し愛情の増進に役立てます。
赤ちゃんは生まれた時から五感を働かせてコミュニケーションをとることができるのです。母子同室のお母さまたちは、目と目で見つめあえるや、ほほえんでくれたなど赤ちゃんとの対話を楽しんでおられます。
お父さまを積極的に育児参加することにつながります。
お父さまが抱っこをしてあやすなどの世話をおこなうことが上手になりお子さまへの愛情もより一層高まります。
お母さまが出産後早めにからだを動かすことにより子宮の復古や全身の回復をたすけます。
私達高槻病院のスタッフ一同は皆様がよい妊娠、分娩、産褥の経過を過ごして頂けるよう今後も努力してまいります。

里帰り出産

受診時期等

当院で里帰り出産をご希望の方は、妊娠経過が順調でしたら、遅くとも35週(9ヶ月の終わり)までに移ってきて頂いたら受け入れは可能です。その時には、紹介状・保険証・母子手帳をご持参の上、ご来院下さい。それ以前に検査等で当院を受診いただく必要はございませんので、現在おかかりの医療機関で妊婦健診を続行下さい。

※ご来院時に紹介状をご持参いただける方で、 里帰り出産をご希望の方に診察予約をホームページ上からのみ受付を開始いたしました。

里帰り出産予約フォームはこちら

入院予約

入院予約に関しましては、当院は総合周産期母子医療センターを有しており、緊急母体搬送等も受け入れておりますので完全予約制はとっておらず、満床でお断りすることはございません。35週までにご来院されてからの入院お申込みで十分間に合いますので、安心してお越し下さい。

費用

普通分娩で60~65万円(多少前後します)、帝王切開で約61万円となっております(あくまで目安です)。お部屋に関しては、大部屋では別途かかりませんが、個室になりますと別途かかりますのでご了承下さい。

診療体制

 
午前 一般妊娠
紹介初診
ハイリスク妊娠
一般妊娠
当日初診
一般妊娠
一般妊娠
ハイリスク妊娠
当日初診
一般妊娠
紹介初診
ハイリスク妊娠
骨盤臓器脱
当日初診
一般妊娠
一般妊娠
ハイリスク妊娠
当日初診
一般妊娠
紹介初診
ハイリスク妊娠
腫瘍
当日初診
午後 一般妊娠
ハイリスク妊娠
エコー外来
産後健診
一般妊娠
一般妊娠・コルポスコピー
産後健診
腫瘍
一般妊娠
一般初診
帝切後健診
産後健診
一般妊娠
一般妊娠
産後健診
一般妊娠
産後健診
腹腔鏡・内膜症

午後は完全予約制となります。

診察時間

【午前診】9:00~12:00
【午後診】13:30~17:00(水曜日 午後のエコー外来は14:00~です)

予約変更フォーム

  • 産婦人科の外来診療は月曜日~金曜日の初診枠を除き完全予約制となっています。
    (初診とは当院の産婦人科外来を一度も受診したことのない方、今までに当科を受診したことはあるが 以前とは別の症状がある方、前回の診察から3ヶ月以上間が空いている方が対象です。)
  • 市の子宮癌検診は予約制となりますので事前に産婦人科外来にてご予約します。(tel可)
  • 当院で妊婦健診をご希望の方の診察予約をホームページ上から受け付けさせていただきます。ご自身で妊娠検査薬判定を行い陽性が出た方、または別の医療機関で妊娠の確認をされた方が御利用いただけます。

月曜から金曜日の診察時間内にご受診いただけます。
ご予約決定の日時は産婦人科外来より電話でご連絡させていただきます。

妊婦健診予約フォームへ

※当院で里帰り出産をご希望の方は、妊娠経過が順調でしたら、遅くとも35週(9ヶ月の終わり)までに移ってきて頂いたら受け入れは可能です。
その時には、紹介状・保険証・母子手帳をご持参の上、ご来院下さい。それ以前に検査等で当院を受診いただく必要はございませんので、現在おかかりの医療機関で妊婦健診を続行下さい。(※ご来院時に紹介状をご持参いただける方で、里帰り出産をご希望の方に診察予約をホームページ上からのみ受付を開始いたしました。)

里帰り出産予約フォームへ

入院予約に関しましては、当院は総合周産期母子医療センターを有しており、緊急母体搬送等も受け入れておりますので完全予約制はとっておらず、満床でお断りすることはございません。35週までにご来院されてからの入院お申込みで十分間に合いますので、安心してお越し下さい。

診療実績

<産科診療実績>
  2015年 2016年 2017年
分娩件数(母の数, 死産を含む) 1347 1283 1214
帝王切開数 447 408 380
    (帝王切開率) 33.1% 31.8% 31.3%
   緊急帝王切開 202 206 178
   腹膜外帝王切開 109 89 88
   子宮底部横切開 25 29 21
妊娠子宮全摘数(産褥期を含む) 5 6 3
子宮頸管縫縮術数 49 63 71
緊急母体搬送数 202 208 247
Back transfer症例数  91 80 82
MFICU加算症例 344 395 352
ハイリスク妊娠管理加算例 159 173 202
ハイリスク分娩管理加算例 267 312 251
妊娠28週未満の早産 21 27 25
胎児異常 49 37 28
子宮内胎児発育遅延 (FGR) 79 78 53
多胎  53 56 54
切迫早産 155 162 240
前置胎盤 18 27 20
常位胎盤早期剥離 6 6 7
妊娠高血圧症候群 68 71 64
糖尿病合併妊娠 (妊娠糖尿病含む) 71 73 76

(当院分娩症例のみ)

<総合周産期特定集中治療(母体・胎児集中治療)患者数>
  2015年 2016年 2017年
合併症妊娠 39 48 46
妊娠高血圧症候群 38 60 40
多胎妊娠 26 27 18
胎盤位置異常 16 21 6
切迫流早産 194 213 225
胎児発育遅延や胎児奇形などの胎児異常を伴うもの 31 26 17
合計 344 395 352

医師紹介

医師名・専門分野 職名 資格
中後医師中後 聡
産婦人科(周産期)
総合周産期母子
医療センター長・
産婦人科主任部長
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医・指導医(母体・胎児)
日本女性医学学会 女性ヘルスケア暫定指導医
母体保護法指定医
新生児蘇生法『専門』コースインストラクター
ALSO認定インストラクター
日本周産期・新生児学会評議員
大石医師大石 哲也
婦人科腫瘍
主任部長 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医
臨床検査管理医
小辻医師小辻 文和
産婦人科手術学
周産期医学
生殖内分泌学
名誉総合周産期
母子医療センター長・
産婦人科部長)
日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
母体保護法指定医
医学博士
加藤 大樹
周産期
婦人科内視鏡
医長 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医
新生児蘇生法『専門』コースインストラクター
徳田 妃里
産婦人科(周産期)
医長 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医
柴田 貴司
産婦人科(周産期)
医長 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
細野 佐代子
産婦人科
医員 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
母体保護法指定医
小寺 知揮
産婦人科
医員 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
西川 茂樹
産婦人科
医員
福岡 泰教
産婦人科
専攻医
飯塚 徳昭
産婦人科
専攻医
神谷 亮雄
産婦人科
専攻医

すべての担当医は産科だけではなく婦人科の診察を担当しています。
各担当医の診療日は診療体制をご覧下さい。

施設認定

  • 日本専門医機構 産婦人科領域専門研修プログラム基幹施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)基幹認定施設
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医 指定修練施設
  • 日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医 認定研修施設
  • 総合周産期母子医療センター
  • 大阪府産婦人科診療相互援助システム(OGCS)基幹病院
  • 赤ちゃんにやさしい病院(Baby Friendly Hospital) 認定施設
  • 日本産科婦人科学会周産期委員会 周産期登録施設
  • 日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会 腫瘍登録施設

教室について

準備中です。

マザークラス

ヨガ教室

育児サークル

産後ケア入院

妊婦検診のご予約

当院で妊婦健診をご希望の方の診察予約を妊婦健診ご予約フォームから受け付けさせていただきます。

MFICU(母体・胎児集中治療室)

MFICU(Maternal-Fetal Intensive Care Unit:母体・胎児集中治療室)は、ハイリスク妊娠(合併症妊娠、多胎妊娠、切迫早産、前期破水、妊娠高血圧症候群など)・ハイリスク分娩・産褥の方を対象に、医師や助産師、NICU看護師、臨床心理士、その他の医療スタッフと連携・協働して安全に配慮した継続ケアを提供しています。

フロア内には、帝王切開手術室、ハイリスク分娩室があり、緊急時の手術にも対応できる環境を整えています。常に、産科病棟の助産師と協力し合い、帝王切開にも助産師が手術のケアを行います。

早産や小さい赤ちゃんが生まれる可能性が考えられる場合には、新生児科医やNICU(新生児集中治療室)の看護師が、出生後の治療や看護について説明(プレネイタルビジット)を行っています。また、心理面、社会面での支援を臨床心理士、ケースワーカーと主に行う体制を整えています。

トイレ・シャワー付個室です

看護体制は24時間常時、妊産褥婦3名に対し助産師1名を配置しています。看護は受け持ち制で、治療に応じて個々の看護目標を挙げ、統一したケアを実施しています。合併症妊娠や多胎妊娠、切迫早産等で治療が必要な妊婦が入院されている病棟ですが、自分らしいマタニティライフやバースプランを受け持ち助産師と一緒に考えていきます。
常にNICUの看護スタッフとも連携を図り、入院時からの状態や日々の変化など細かな情報交換をし、母子の救命に努めています。

産科病棟

産科 39床

助産師が、妊娠中やお産の経過、おっぱいなどのあらゆるケアを行います。

分娩について

分娩は安全を第一に、できる限り自然なお産ができるように助産師がお手伝いをします。

『お産の主役は 産婦さん自身です!』

お産の場面では、陣痛開始から産後の母子の状態が落ち着く2時間後まで、LDRで過ごしていただくことができます。

帝王切開手術室の機能を充実させ、母子の緊急時に備え、対応を強化しています。帝王切開の場合でも赤ちゃんとお母さんの状態が良好であれば、赤ちゃんを胸に抱くこともできます。

入院中について

ゆったりと赤ちゃんと同室の時間を過ごしていただけるように、個室を用意しています。母児同室をすることで、次のようなことが期待できます。

  • 赤ちゃんが母乳を欲しがり、泣いた時にタイミングよく吸ってもらうことができます。母乳を吸ってもらう回数が多くなると、母乳の分泌も増加してきます。
  • おむつ交換や着替え、抱っこなどの育児技術をスムーズに習得することができます。
  • お父さんとお母さんと赤ちゃんの間に、早期から親子関係の親密さが増し、赤ちゃんへの愛情もより一層高まります。
  • お母さんが出産後に早めに体を動かすことで、子宮の戻りや全身の回復を助けます。
入院期間
腟分娩の方・・・約6日間
帝王切開の方・・・約8日間

お母さん、赤ちゃんの人生のスタートをやさしく、丁寧に支援させていただきます。

院内助産センター

妊娠生活は楽しめていますか?
どのようなお産のイメージをお持ちですか?
心配なこと・不安なことを、楽しみに変えられるよう助産師が全力でサポートします。
院内助産センターでは“母と子の持てる力を尊重し、家族の絆が深められるよう心と身体に寄り添う”関わりを大切にしています。お産の主役はあなたです!
“あなたの思い描くお産”を目指し、私たち助産師と一緒に頑張ってみませんか??

院内助産センターってどんなところ?

専任の助産師がチームで支援します

助産院の良さを生かしリラックスした“あたたかいお産”を目指しながら産科医・小児科医と連携をとり、異常時には24時間速やかに対応できる安心・安全なシステムです。

妊婦健診から出産までの流れ

院内助産センターでの妊婦健診と出産

当院では、既往歴や大きな合併症がなく、正常な妊娠経過をたどる方は、妊娠16週より助産師が妊婦健診を行います。その中で、院内助産センター対象条件を満たし、ご本人・ご家族の同意がある方は、院内助産センターをご利用いただけます。
(正常な妊娠経過をたどる方でも、妊娠中期と妊娠後期に医師による妊婦健診を受けていただきます。また、妊娠経過に異常が疑われた場合は、速やかに医師の診察を受けていただき、それ以降は医師による妊婦健診となります。)

院内助産センターを利用できる方

  • 正常な妊娠経過の方
  • 家族の同意が得られている方
  • 妊娠合併がない方
  • 持病がない方
  • 逆子や双子・三つ子ではない方

※上記以外にも対象条件があります。(貧血・体重増加など)
詳細に関しては助産師におたずねください。
※基本的に上記を満たす経産婦の方は院内助産センターでの出産となります

院内助産センターの妊婦健診

日時
月曜日から金曜日  9:00~12:00/13:30~17:00
土曜日  9:00~12:00

※完全予約制(おひとり30分)
※土曜日の妊婦健診は院内助産センター対象の方のみとなります。

料金
医師の妊婦健診と同じです。

院内助産センターの出産について

院内助産センターでの出産は妊娠36週0日~妊娠41週3日の方が対象となります。
正常な分娩経過をたどっている方は助産師のみが立ち会います。
和室になっている院内助産室では、家族とともにゆったりと自宅にいるような雰囲気でお産ができます。
ベッドが置いてあるLDRもあるので、自分のお産にあわせて選択できます。

院内助産室

LDR

出産時の立会い

出産時はご主人(パートナー)だけではなく、ご両親も希望に応じて立ち会っていただけます。
院内助産センターでの出産に限り、お子様の立ち会いも可能です。

Q&A

一般健診助産師との違いは?
一般健診助産師との健診内容には特に違いがありません。
院内助産センターは“アクティブバース”を目指しています。
自然な出産にむけて心と身体づくりなど妊娠中の自己管理に対して意識を高められるようサポートしています。
もし、異常が生じた場合は?
妊娠経過に異常が疑われた場合は、速やかに医師の診察を受けていただきます。
状況に応じて、それ以降は医師による妊婦健診となる場合があります。
出産時も常時産科医・新生児科医と連携できる体制を整えていますので、安心してご利用ください。
切迫早産になった場合は?
切迫早産の兆候がある場合は医師による妊婦健診を受けていただきます。切迫早産の兆候の改善が認められた場合や、36週以降であれば、利用していただけます。
里帰りでも利用できる?
院内助産センター対象条件を満たし、ご家族の同意がある方は、院内助産センターをご利用いただけます。
担当する助産師は?
院内助産センターでの妊婦健診や出産は、一定水準の教育を受け、専門性の高い知識を有する助産師から構成されたチームで担当させていただきます。
チームで情報を共有し、ひとり一人のお母さんと赤ちゃん、ご家族にとって、より良いケアを目指し日々活動しています。

スタッフ紹介

より楽しく満足のいくお産になるように、私達がチームでサポートします!!
不安なこと・心配なこと何でも気軽にお話ししてくださいね。

院内助産センターを利用して

待ち時間はほとんどなく、毎回の健診で私の目線でアドバイスしてくれるので、とても分かりやすかったです。助産師さんのアドバイスを取り入れていくと自分の身体が変わっていくのが分かり、お産が楽しみになりました。担当性も良いですがたくさんの助産師さんと会えた事で、よりいろいろな話が聞け、参考になりました。
(初産婦さん)

出産が近づいた時、助産師さんにずっと声をかけていただき、心強かったです。陣痛時のマッサージがとても楽になってよかったです。出産後、畳の部屋で私と夫とゆっくりとさせてもらえて落ち着けて良かったです。
(経産婦さん)

赤ちゃんに負担がかからないよう、痛みに耐え、腹式呼吸をし続けました。助産師さんの指示がわかりやすくてとてもよかったです。リラックスしてお産ができ大変良かったです。畳でとても落ち着きました。次回もぜひ利用したいと思いました。
(初産婦さん)

陣痛時、腰をさすってくれたり、痛みがきたらピンポイントで押してくれたりと、とても助産師さんの存在が心強かったです。リラックスできるお部屋で助産師さんも家族も身近に感じ、みんなに助けてもらいながら自分で産んだという実感が持てたお産でした。本当に良い経験になりました。
(経産婦さん)

院内助産センター実績

院内助産センターを利用していただいている方は年々増加しています。
利用者のうち約半数は初産婦さんです。

ページの先頭に戻る

前のページに戻る